現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 日本文化学科

総合文化学部 | 日本文化学科

琉球・日本文化を再発見し、世界に向けて発信する!

 日本文化学科では、「ことば」「文学」「芸能」など、沖縄と日本の文化を幅広く学ぶとともに、グローバル化する現代の中で、I T(情報技術)、地域理解力、外国語コミュニケーションスキルなど、沖縄・日本の文化を世界に向けて発信するための様々なスキルや感性を磨くことができます。また、「ことばのプロになろう!」を合言葉に、トレーニングを繰り返しながら、職業人、地球市民として自立し、活躍していくための豊かな教養、言語表現力、自己実現力を身につけることができます。

学科の特色

沖縄・琉球と日本に伝わる文化を広く・深く学び、グローバル化する世界に向けて発信・表現するための知識・技能・感性を身につける!

  • 沖縄・日本に根ざしたことば・文学・芸能の探求
  • 徹底した個別指導によって、調べる・読む・批評する・書く・発表する力を育成する少人数ゼミ
  • 「ライティングセンター」での文章表現のマンツーマン指導
  • 定評と実績のある中学校・高校国語科教員の養成
  • 国際化と多文化共生の時代に対応する日本語教員の養成
  • 県内唯一の図書館学専門ゼミの設置・図書館司書の専門的養成

あなたの将来の目標に合わせた充実のプログラム

琉球文化コース

[ 琉球語学、琉球文学、琉球芸能 ]
 琉球文学、琉球語学、芸能論などを学ぶ多彩で専門的なコース。「ウチナーグチを話そう!」「島唄をうたおう!」を合い言葉に、琉球語会話の習得を目指す実践的な授業もあります。

日本文化コース

[ 日本語学、日本文学、日本の芸能・芸術 ]
 近現代文学、古典文学、絵巻、演劇、映画、アニメといった表現作品の歴史や理論、ことばと教育との関わりなどを学びます。文学賞や放送関係の受賞者もたくさん送り出しています。

多文化間コミュニケーションコース

[ 多文化理解・図書館情報 ]
 グローバル時代にふさわしい文化の多様性とその発信方法を学ぶコース。地域文化を世界に向けて発信するためのITや情報整理能力、語学力、多文化社会を理解するために必要な解釈力など、幅広いコミュニケーション力を養います。

ゼミの様子

先生から見るOKIU

今こそ、ことばの達人に!!

学科の魅力と個性は?
田場 裕規 准教授

田場 裕規 准教授

 「ことばの達人」になると言っても、一朝一夕に成し遂げられることではありません。「達人」には、「達人」にふさわしい確かな知性と豊かな人間性が求められると思います。ことばは、人類が獲得したモノのなかで、一番素晴らしいものであり、また一番危険なものでもあります。ことばを操るために、心を砕いているのが人生かもしれません。IT化が進む中、ネット上のことばが私たちの心を悩ませています。ことばに心をのせて「他者に伝える」には、確かな技術が必要ですが、それがないために「他者」と共生できないという不幸が多くなってきました。日本文化学科は、他者との共生をめざし、グローバル化が進む世界で、より良く生き抜くための「ことば」「文化」「芸能」に関するカリキュラムによって、確かな知性と豊かな人間性の育成をめざしています。国語科教員、日本語教師、図書館司書等の資格も取得できますが、その根幹は「ことばの達人」をめざすところにあります。

学生から見たOKIU

自分の足元を見つめなおし海外へ羽ばたこう

伊禮 花恵 日本文化学科 4年次 普天間高校出身

伊禮 花恵

 私は小さい頃から、日本の歴史や文化に興味がありました。また、日本だけでなく海外の歴史や文化も好きで、それら2つを活かす職業がないかと探していたところ「日本語教師」という職業を見つけ、なりたいと思うようになりました。日本文化学科では、日本語や日本文学についてや、琉球語や琉球の伝統芸能についてなど、自分の足元を見直せる授業を受けることができます。私は1年間フランスに語学留学していました。その際、現地の大学の日本語クラスに参加させてもらう機会が何度かありました。そこで文法について説明したり、日本の文化や沖縄について紹介したりと、日本文化学科で学んだことを活かすことができました。日本文化学科という名前を聞くと海外をイメージすることは難しいと思います。しかし、自分の国のこと、自分の足元をしっかりと学ぶということは外国について学ぶときや海外に行った際、比較したり交流したりする中で、必ず役に立つものだと思います。

4年間で学ぶカリキュラム

 日本文化学科では、日本文化、琉球文化、多文化間コミュニケーションにかかわる専門的な知識を習得し、豊かな人間性を涵養することを目指したカリキュラムを用意しています。選べる科目・クラスは100種類以上あります。この他にも日本文化学科と関わりの深い教員免許科目、司書・司書教諭資格科目、日本語教師資格科目も受講できます。

1年次 2年次 3年次 4年次
学びのステップ 1年次には大学生活に適応するためのアカデミックスキルを身につける科目や、沖縄・日本文化の基礎を幅広く学ぶための科目を中心に学びます。 2年次から沖縄・日本文化を専門的に学びつつ、多文化社会との関わりを考えます。また、必修科目では書く・調べる・分析する力を高めていきます。 3年次からは3つのコースのうち1つを選択し専門的な研究がスタートします。ゼミに所属し、研究スキルを習得するとともに、キャリア研究を深め、将来の進路目標を決定します。 卒業論文を執筆し、論文集を出版、進路を決定します。
専門必修科目 リテラシー入門T・U
日本文化論T・U
琉球文化論
文化情報処理入門
アカデミックライティング
ゼミナール入門
ゼミナールT・U ゼミナールV・W
卒業論文T・U
専門選択必修科目 琉球語学入門
日本語学入門
グローバルコミュニケーション論
琉球文学を読むT・U
琉球語会話T・U
日本文学を読むT・U
応用言語学
日本語音声学
ジャパノロジーT・U
アジア太平洋文化論
比較文化論
琉球芸能史 ※2
琉球文学概論 ※2
琉球語学概論 ※2
日本芸能史 ※2
日本文学概論 ※2
日本語学概論 ※2
琉球文学特殊講義T・U
琉球語学特殊講義T・U
現代文学理論T・U
認知言語学
日本語音声学特講
コミュニケーションスキルT・U
言語文化接触論T・U
 
専門選択科目 日本語表現法演習T
プロジェクト演習
日本近代文学史T・U
日本語文法基礎T・U
古典に親しむ
古典に学ぶ
ポップカルチャー論
図書館概論
図書館情報資源概論
※1
文化テクスト論T・U
日本語文法論T
日本古典文学史
日本語表現法演習U
日本の美術
日本文学を読むV・W
漢文学T・U
現代沖縄文学論
国語科教育法T
図書館サービス概論
図書館文化論
児童文化論
日本文化特別講義T・U
琉球文化特別講義
多文化間コミュニケーション 特別講義
日本語文法論U
日本言語史T・U
地域社会情報論
多文化共生論
書写
書道実習
国語科教育法U
国語科教育法演習T
日本文学特殊講義T・U
インターンシップT・U
アカデミックセミナー
図書館情報学特別演習T
文学実作演習
国語科教材研究演習T
エリアスタディ演習
比較文化演習
国語科教育法演習U
図書館情報学特別演習U
外国語コミュニケーション演習
海外文化体験実習

※1.選択科目では高校までの復習・苦手分野を早めに克服。文化の多様性・おもしろさを知る。
※2.沖縄・琉球、日本文化の基礎を知るための科目(2領域から2科目以上ずつ選択)。

共通科目 琉球文化コース 日本文化コース ■多文化間コミュニケーションコース

卒業必要単位数

共通科目 28単位以上 ※英語4単位・外国語4単位を含む
必修科目 28単位以上
選択必修科目 18単位以上
選択科目 26単位以上

合計 124単位以上

カリキュラム紹介

プロジェクト演習

 1年生が11月の大学祭での演劇の上演を目指して、舞台作りを体験します。

国語科教育法演習II

 国語の先生になるためのトレーニングを積む授業です。模擬授業を行います。

琉球語学概論I・II

 沖縄の言葉を学ぶ授業。会話や島唄を通じて方言にふれ、音声や文法など言葉のしくみを理解。各地での方言調査などにつなげます。

ジャパノロジーI・II

 文化を越えて機能するために必要な知識、スキル、態度を育てていく授業です。世界共通語としての「英語」を交えて、さまざまなアクティビティを体験的に身につけていきます。多様な文化を背景とした多様な人々との効果的なコミュニケーション能力を身に付けながら、日本文化や事情に関する知識や認識を深めていきます。

TOPICS!

沖縄県教員候補者選考試験(中学校国語)に現役合格2名!!

辺土名 結さん
人のいたみの分かる人間を育てたい

辺土名 結さん(普天間高校出身)
 私は、「人のいたみが分かる人間」を育てる教師になりたいです。「人のいたみ」というのは、心と身体、両方の痛みのことです。共感力や想像力を育む人間教育とも言えると思います。子ども達が大人になって、共に生きる仲間として支え合っていけたなら、自分達の力で幸せな社会をつくっていけるはずです。学校教育での学びが、卒業後の幸せな人生の糧となるように、「人のいたみが分かる人間」を育てたいと思います。

仲本 栞奈さん
親身になって子どもたちと関わることのできる教師へ

仲本 栞奈さん(コザ高校出身)
 親身になって生徒と関われる、温かい教師になりたいです。私自身が教師という夢を恩師から抱かせていただいたので、私も、常に努力している姿や一生懸命な姿を生徒に感じてもらい、夢や目標に向けてがんばる気持ちを持ってもらえるように教師として、身近な大人の一人として何事にも全力投球で励みたいです。

「第10回おきなわ文学賞」において教員・卒業生入賞 

受賞者の写真

 日本文化学科には文学表現を専門的に学ぶ「日本文化コース」、沖縄の文化・芸能などを学ぶ「琉球文化コース」が設置されており、卒業生たちがそれぞれの才能を生かしながら、小説、詩、音楽、シナリオ、マンガ、映像制作などなど、在学時代から創作活動にはげんでいます。

(左から)本木隼人さん(俳句部門一席)西岡敏教授伝統舞台(組踊・沖縄芝居)戯曲部門一席(県知事賞)仲間友美さん(随筆部門一席)與那嶺明文さん(随筆部門佳作)

初年次教育の取り組み・ブックガイドを配布

ブックガイド

 日本文化学科では、〈読む・書く・話す〉というアカデミックスキルを高めるため、毎年、1年生の必修科目「リテラシー入門T」という授業で、『にちぶん羅針盤(こんぱす)』というブックガイドを配布しています。このブックガイドには、日本文化学科の先生たちが、1年生の間に読んで欲しい本がなんと100冊以上掲載されています。学生たちは「難しそう〜」「あ、この本知ってる!」「前から読んでみたかった」などなど、思い思いに語り合いました。

ブックトークの研究授業(司書教諭課程・教職課程の取り組み)

ブックトークの様子

 「言葉」「発想」をテーマとするブックトークの指導案を作成し、何度も練習を重ねて、本番にチャレンジしました。司書教諭とは、学校図書館法に定められた専門的職業で、学校司書とともに学校図書館の運営を行う専門的職業です。国語という教科との関わりも深く、日文の教職課程にはたくさんの学生が司書教諭の資格取得を目指して頑張っています。学校図書館教育に関心のある人はぜひ日本文化学科でいっしょに勉強しましょう。

組踊体験の授業

組踊体験の様子

 全国でも珍しい「琉球文化コース」が設置されており、沖縄の伝統文化を日本や海外の文化と比較しながら体験的に学習できる科目が充実しています。日本文化学科卒業生でもある、琉球芸能の若手舞踊家・宮城茂雄先生が担当する「琉球芸能史」「日本芸能史」という科目では、沖縄の伝統文化の1つである「組踊」の舞台で実際に使用している衣装を学生に身につけてもらい、衣装の仕組みや、道具の由来、日本と沖縄の共通点などの説明を通して、比較文化的な視点から沖縄の文化の本質を考えることができるようになっています。

Facebook 沖縄国際大学日本文化学科(おきこく・にちぶん)開設

 日本・沖縄・海外文化を広く・深く学ぶことができる学科。中学校・高校の国語教員の養成に定評があり、県内唯一の図書館司書専門ゼミも設置されています。様々な情報を発信しています。インターネットで「おきこく・にちぶん」と検索してください。

日本文化学科ゼミナールの研究テーマ一覧

 ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

リテラシー入門(1年次対象)

 読む、調べる、考える、発表するためのトレーニングを繰り返しながら、日本語運用の基礎的能力をしっかりと身につけていきます。文章が苦手な人は、学内の「ライティングセンター」にて、日本文化学科を卒業した大学院生から個別指導を受けることも可能です。「にちぶん羅針盤」というブックガイドを配布し、ブックラリー形式で、楽しみながら読書に親しみ、読解力と専門知識を身につけることもできるようになっています。また、メンバーシップトレーニングとして定期的にレクリエーションも行っています。

ゼミナール入門・アカデミックライティング(2年次対象)

 前期(4月〜8月)は、卒業研究に向けての準備として、論文の書き方、文献批評の方法、アンケート調査やインタビュー調査などの社会調査法、パソコンを使ったデータ集計方法などを学習します。後期(9月〜2月)は、専任教員によるゼミ紹介、ゼミ見学ツアー、研究室訪問などを通じて、3年生から専攻するゼミ・学問分野を選択していきます。

ゼミナール(3年次対象)

 2年生までに養った専門知識と研究手法を活用し、各自が自由にテーマを選び、それぞれの仮説・問題意識の下で、研究発表を行います。研究発表を通じて、プレゼンテーションとディスカッションのトレーニングを徹底して行います。ゼミごとに調査旅行に行くこともあります。

卒論論文指導演習(4年次対象)

 4年間の研究活動の総仕上げとして、各自がテーマを自由に設定し、卒業論文を仕上げます。その成果を、卒業論文集として出版します。

各ゼミのテーマ
  • ■大城ゼミ「日本語教育・多文化間コミュニケーション研究」(日本語教師専門ゼミ)
  • ■葛綿ゼミ「日本古典文学・日本文化論」
  • ■黒澤ゼミ「文学・ジェンダー・クイア理論研究」
  • ■田場ゼミ「古典文学・国語教育学研究」
  • ■桃原ゼミ「国語教育学」(国語教育専門ゼミ)
  • ■山口ゼミ「学校図書館研究、児童文化研究、表現論」
  • ■吉田ゼミ「図書館情報学研究」(図書館司書・学校司書ゼミ)
  • ■兼本ゼミ「比較文化研究」
  • ■狩俣ゼミ「琉球文学研究・芸能研究」
  • ■下地ゼミ「日本語学・琉球語研究」
  • ■西岡ゼミ「琉球語研究・方言調査(フィールドワーク)」

卒業生から見たOKIU

日々の変化を感じながら楽しく働いています

平 一紘

株式会社リウボウインダストリー
平 一紘
日本文化学科 2011年度卒業生
コザ高校出身

 リウボウに勤めて3年目になります。ヤングファッションを取り扱うフロアの担当で、日々変化する流行を肌で感じながら楽しく働いています。百貨店は商品をお客様に提供する事で利益を得ていますが、本質はサービスを極限まで高め、最高の『体験』を提供する事です。県内唯一の百貨店として期待を裏切らない接客を心がけています。

 学生時代は近代文学ゼミで学びました。サークル活動にも力を入れ、いわゆる自主制作映画の制作に没頭しました。映画は一人では決して作れません。本学には仲間を集める土壌があった為、45名程の制作チームを一から集め、上映会を開くことができました。今から大学生になる皆様に一番伝えたいのは『決してやりたい事を諦めてはいけない』という事です。大学時代の友達は一生の友となるでしょう。この大学には信じられない位、素敵な仲間が貴方を待っています。

 現在の沖縄県を取り巻く環境は日々目まぐるしく変化しています。年々外国人のお客様が増えてきており、日々勉教の毎日です。『ブランドの知識』『売り場の作り方』『接客術』など、自主学習が必要な所以外にも先輩方から目で見て盗む必要のある技術も多く、すべての経験を糧にできるように心がけています。

卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 高等学校教諭一種免許(国語)
  • 中学校教諭一種免許(国語)
  • 日本語教員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 博物館学芸員資格

目指すステージ

資格を取得することによって、専門職に就くことができます。

  • ■国語教師
  • ■日本語教員
  • ■公共図書館司書
  • ■学校図書館司書・司書教諭
  • ■出版・印刷・書店業
  • ■マスコミ
  • ■流通産業
  • ■公務員
  • ■観光業

主な就職先

卸・小売

愛和食品/東江メガネ/イオン琉球/オキジム/沖縄パナソニック特機/沖縄ホンダ/沖縄メディコ/沖縄ランプ/キャン/金城商事/サンエー/TDモバイル/ナチュラル/ファイブフォックス/プラスハート/ベイブルック/宮脇書店/メイクマン/リファクトリイ/琉球ダイハツ販売/琉球補聴器 

サービス業

アミューズメント沖縄/エアホテル/エー・ピーカンパニー/グローバルスポーツ医学研究所/サンレー/JAおきなわ/東横イン/ブロンコビリー/ホテルオリオンモトブリゾート&スパ/町田機工/ソラーレホテルズアンドリゾーツ 

進学

沖縄国際大学大学院/鳴門教育大学大学院/琉球大学大学院

通信・IT

アンビション/イー・コード/エクスエンジニアリング/オリックス・ビジネスセンター沖縄/国際システム/コンピュータ沖縄/トランスコスモス シー・アール・エム沖縄

印刷・広告

旭堂/近代美術/宣伝

教育

沖縄県公立学校教員/那覇日経ビジネス

医療・福祉

愛知慈恵会/ベネッセスタイルケア

製造

ぐしけん/パラダイスプラン

建設・不動産

照正興産/プレミアムライフ

公務員

入国警備員/宮古島市役所

運輸・郵便

佐川急便

金融・保険

損害保険ジャパン日本興亜

その他

日本年金機構

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る