現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 日本文化学科

総合文化学部 | 日本文化学科

琉球・日本文化を再発見し、世界に向けて発信する!

 日本文化学科では、「ことば」「文学」「芸能」など、沖縄と日本の文化を幅広く学ぶとともに、グローバル化する現代の中で、ICT(情報通信技術)、地域理解力、外国語コミュニケーションスキルなど、沖縄・日本の文化を世界に向けて発信するための様々なスキルや感性を磨くことができます。また、「ことばのプロになろう!」を合言葉に、トレーニングを繰り返しながら、職業人、地球市民として自立し、活躍していくための豊かな教養、言語表現力、自己実現力を身につけることができます。

学科の特色

沖縄・琉球と日本に伝わる文化を広く・深く学び、グローバル化する世界に向けて発信・表現するための知識・技能・感性を身につける!

  1. 沖縄・日本に根ざしたことば・文学・芸能の探究
  2. 徹底した個別指導によって、調べる・読む
    批評する・書く・発表する力を育成する少人数ゼミ
  3. 「ライティングセンター」での文章表現のマンツーマン指導
  4. 定評と実績のある中学校・高校国語科教員の養成
  5. 国際化と多文化共生の時代に対応する日本語教員の養成
  6. 県内唯一の図書館学専門ゼミの設置
    図書館司書の専門的養成

学びのポイント

あなたの将来の目標に合わせた充実のプログラム

琉球文化コース[ 琉球語学、琉球文学、琉球芸能 ]
 琉球文学、琉球語学、芸能論などを学ぶ多彩で専門的なコース。「ウチナーグチを話そう!」「島唄をうたおう!」を合い言葉に、琉球語会話の習得を目指す実践的な授業もあります。

日本文化コース[ 日本語学、日本文学、日本の芸能・芸術 ]
  近現代文学、古典文学、絵巻、演劇、映画、アニメといった表現作品の歴史や理論、ことばと教育との関わりなどを学びます。文学賞や放送関係の受賞者もたくさん送り出しています。

多文化間コミュニケーションコース[ 多文化理解・図書館情報 ]
  グローバル時代にふさわしい文化の多様性とその発信方法を学ぶコース。地域文化を世界に向けて発信するためのITや情報整理能力、語学力、多文化社会を理解するために必要な解釈力など、幅広いコミュニケーション力を養います。

先生から見るOKIU

「琉球・日本」から世界へ

西 岡 敏教授

西 岡 敏 教授
(シマクトゥバ研究者)

 日本文化学科には、琉球文化、日本文化、多文化間コミュニケーションの3コースがあります。琉球文化コースでは、琉球諸語(沖縄の方言)、琉球芸能、琉球文学を学びます。日本文化コースでは、日本語をはじめ、「万葉集」から現代文学・サブカルチャーに至るまでの日本文学・日本芸能を学びます。多文化間コミュニケーションコースでは、日本語・日本文化を外部からの視点で捉え、別言語で表現したり、近隣諸国と比較したりしながら、国際的感覚を培い、多文化への理解を深めます。中学・高校の国語教員、図書館司書、日本語教師の課程も充実しています。
 本学科では、「文化」を「琉球・日本」という立場から見ると同時に、アジアの中の「琉球・日本」、世界の中の「琉球・日本」を見る力を養います。地球上には多様な文化があり、それらを互いに認め合い、共生していくことが、現代社会の大きな課題となっています。私たちの根元にある文化を正しく理解し、世界的な視野に立って積極的にアピールし、活躍してくれる若人を期待しています。

まじゅん 気張やびら!( いっしょに頑張りましょう! )

学生から見たOKIU

「ことば」をきわめて、コミュニケーション能力向上へ

我那覇 隆史 日本文化学科 3年次 那覇国際高校出身

我那覇 隆史

 本学科では、「文学」「芸能」「ことば」など日本と沖縄の文化を学べるだけでなく、ICTや語学力、コミュニケーション力など、幅広いスキルを養うことが出来ます。私は元々「ことば」が好きで、将来は「ことば」を扱う職業に就きたいと考えていた際に「日本語教員」という職業を見つけ、海外にも興味を持つようになりました。現在は外国語の習得に励んでいます。コミュニケーションにおいて欠かせない「ことば」について学べる本学科の講義は、刺激的で自分磨きに適していると感じています。国内留学制度を利用し東京に行った際にも、コミュニケーション能力は生活の中で常に必要とされました。「ことば」を学ぶということは、どこに行っても役立つものになると思います。何事にも積極的に取り組み、楽しむことが充実した大学生活を送る秘訣かもしれませんよ。

【My Class Schedule 2年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30 スポーツ演習 日本語教授法演習 T   日本文学を読む U    
2 10:40〜12:10 ゼミナール入門 琉球文学を読む U   琉球語学概論 沖縄の社会  
3 13:00〜14:30 フランス語 U     フランス語 U 漢文学 U  
4 14:40〜16:10 文化テクスト論 U 日本文学概論        
5 16:20〜17:50   国語科教育法 T   日本語音声学    
6 18:00〜19:30            
日本文化学科教員 教 授
兼本   敏 【中国語学、比較文化研究】
狩俣  恵一 【琉球文学、琉球芸能、民俗文学】
葛綿  正一 【日本古典文学、神話研究】
黒澤 亜里子 【日本近代現代文学、沖縄文学、クイア研究】
西岡   敏 【琉球語学、琉球文学、危機言語再生研究】
山口  真也 【図書館情報学、学校図書館研究】
准教授
下地 賀代子 【日本語学、南琉球の言語の研究】
田場  裕規 【古典文学、万葉集研究、国語科教育】

講 師
桃原 千英子 【国語科教育、臨床教科教育】
村上  陽子 【近現代文学、沖縄文学】
吉田  肇吾 図書館情報学、公立図書館研究】
新採用教員 【日本語教育、多文化間コミュニケーション】

カリキュラム紹介

 日本文化学科では、日本文化、琉球文化、多文化間コミュニケーションにかかわる専門的な知識を習得し、豊かな人間性を涵養することを目指したカリキュラムを用意しています。選べる科目・クラスは100種類以上あります。この他にも日本文化学科と関わりの深い教員免許科目、司書・司書教諭資格科目、日本語教師資格科目も受講できます。

1年次 2年次 3年次 4年次
学びのステップ 1年次には大学生活に適応するためのアカデミックスキルを身につける科目や、沖縄・日本文化の基礎を幅広く学ぶための科目を中心に学びます。 2年次から沖縄・日本文化を専門的に学びつつ、多文化社会との関わりを考えます。また、必修科目では書く・調べる・分析する力を高めていきます。 3年次からは3つのコースのうち1つを選択し専門的な研究がスタートします。ゼミに所属し、研究スキルを習得するとともに、キャリア研究を深め、将来の進路目標を決定します。 卒業論文を執筆し、論文集をゼミごとに出版、進路を決定します。
専門必修科目 リテラシー入門T・U
日本文化論T・U
琉球文化論
文化情報処理入門
アカデミックライティング
ゼミナール入門
ゼミナールT・U ゼミナールV・W
卒業論文T・U
専門選択必修科目 琉球語学入門
日本語学入門
グローバルコミュニケーション論
琉球文学を読むT・U
琉球語会話T・U
日本文学を読むT・U
応用言語学
日本語音声学
ジャパノロジーT・U
アジア太平洋文化論
比較文化論
琉球芸能史 ※2
琉球文学概論 ※2
琉球語学概論 ※2
日本芸能史 ※2
日本文学概論 ※2
日本語学概論 ※2
琉球文学特殊講義T・U
琉球語学特殊講義T・U
現代文学理論T・U
認知言語学
日本語音声学特講
コミュニケーションスキルT・U
言語文化接触論T・U ※3
 
専門選択科目 日本語表現法演習T
プロジェクト演習
日本近代文学史T・U
日本語文法基礎T・U
古典に親しむ
古典に学ぶ
ポップカルチャー論
図書館概論
図書館情報資源概論
※1
文化テクスト論T・U
日本語文法論T
日本古典文学史
日本語表現法演習U
日本の美術
日本文学を読むV・W
漢文学T・U
現代沖縄文学論
国語科教育法T
図書館サービス概論
図書館文化論
児童文化論
日本文化特別講義T・U
琉球文化特別講義
多文化間コミュニケーション 特別講義
日本語文法論U
日本言語史T・U
地域社会情報論
多文化共生論
書写
書道実習
国語科教育法U
国語科教育法演習T
日本文学特殊講義T・U
インターンシップT・U
アカデミックセミナー
図書館情報学特別演習T
文学実作演習
国語科教材研究演習T
エリアスタディ演習
比較文化演習
国語科教育法演習U
図書館情報学特別演習U
外国語コミュニケーション演習
海外文化体験実習 ※4

※1.選択科目では高校までの復習・苦手分野を早めに克服。文化の多様性・おもしろさを知る。
※2.沖縄・琉球、日本文化の基礎を知るための科目(2領域から2科目以上ずつ選択)。
※3.科目数、クラス数の多さも日文の特徴の1つです。
※4.4年生になると、大学の外に出て活動するアドバンスト科目・プロジェクト科目が充実しています。

3コース共通 琉球文化コース 日本文化コース ■多文化間コミュニケーションコース

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次 『リテラシー入門 T・U』 読む、調べる、考える、発表するためのトレーニングを繰り返しながら、日本語運用の基礎的能力をしっかりと身につけていきます。文章が苦手な人は、学内の「ライティングセンター」にて、日本文化学科を卒業した大学院生から個別指導を受けることも可能です。「にちぶん羅針盤」というブックガイドを配布し、ブックラリー形式で、楽しみながら読書に親しみ、読解力と専門知識を身につけることもできるようになっています。また、メンバーシップトレーニングとして定期的にレクリエーションも行っています。
2年次 『ゼミナール入門』
『アカデミックライティング』
前期(4月〜8月)は、卒業研究に向けての準備として、論文の書き方、文献批評の方法、アンケート調査やインタビュー調査などの社会調査法、パソコンを使ったデータ集計方法などを学習します。後期(9月〜2月)は、専任教員によるゼミ紹介、ゼミ見学ツアー、研究室訪問などを通じて、3年生から専攻するゼミ・学問分野を選択していきます。
3年次 『ゼミナール T・U』 2年生までに養った専門知識と研究手法を活用し、各自が自由にテーマを選び、それぞれの仮説・問題意識の下で、研究発表を行います。研究発表を通じて、プレゼンテーションとディスカッションのトレーニングを徹底して行います。ゼミごとに調査旅行に行くこともあります。
4年次 『卒業論文 T・U』 4年間の研究活動の総仕上げとして、各自がテーマを自由に設定し、卒業論文を仕上げます。その成果を、卒業論文集として出版します。

【卒業必要単位数】
共通科目 28単位以上 ※英語8単位および、その他の外国語4単位を含む
必修科目 28単位
選択必須科目 18単位以上
選択科目 26単位以上

合計 124単位以上

授業紹介

科目名:琉球芸能史

琉球芸能を肌で感じる!

渡久山 千聡

 「琉球芸能史」の講義では、国の重要無形文化財にも指定されている琉球芸能について、歴史、衣装、道具、文学など様々な観点から学ぶことができます。琉球舞踏家の方が講師であることも魅力の一つで、実際に使っている衣装や道具に触れたり、現在の琉球芸能の様子を知ることが出来ます。視覚・聴覚教材を多用し、琉球芸能を知識+感性として学べる内容です。琉球芸能に興味がある人はもちろん、将来国際社会で活躍したいと考える人にもおすすめです。日本文化学科では、沖縄・日本の「文化」をしっかり学び理解し、世界に向けて発信する力を磨くための科目が充実しています。

【日本文化学科 3年次 向陽高校出身】渡久山 千聡

科目名:ゼミナール入門

日本・沖縄についてなんでも学べる!

仲本 雄哉

 日本文化学科では、3年次からゼミが始まります。しかし、日本文化学科で学べる“文化”は大変幅広いため、いったいどういうゼミがあり、何を学んでいるのか、各先生は何を専門としているのか、なかなかくわしい情報は入ってきません。そのために「ゼミナール入門」という講義があります。毎週、各ゼミを担当する教員が、研究対象や、ゼミの内容、卒業論文の例を紹介してくれます。研究のおもしろさを熱く語ってくれる先生を見ているとゼミへの期待もどんどん高まっていきます。もっと知りたいゼミがあれば研究室を訪問して話しを聞くこともできます。ゼミは、少人数制の講義なので自分の興味、関心のベクトルの合うゼミに入ることで、より深い学びが皆さんを待っています。

【日本文化学科 3年次 前原高校出身】仲本 雄哉

科目名:国語科教育法演習T

授業実践力を仲間とともに磨く

伊志嶺 美樹

 「国語科教育法演習T」は3年次を対象とした授業で、毎回、学生による模擬授業が行われます。これまで学んできた国語に関する知識はもちろん、それを生徒に伝える技術をもって実際に授業を展開していきます。その他の学生は生徒役に徹し、授業のよい点や改善点などについて意見を交わします。同じ志を持つ仲間の意見や先生方の講話を聞き、より良い授業を考える時間は、国語の教師を志すわたしにとってとても有意義なものといえます。

【日本文化学科 4年次 首里高校出身】伊志嶺 美樹

科目名:プロジェクト演習

鬼慶良間、ヒャーヌエイ!

赤嶺 龍風

 日本文化学科に進学する皆さんは、この「プロジェクト演習」をぜひ受講して下さい。この講義では1年次全員で、大学祭で上演する「民話劇鬼慶良間」という舞台を作り上げていきます。キャスト、裏方などの役割を与えられ、力を合わせて取り組むところにこの講義の面白さがあります。仲間内でのコミュニケーションが増え、チームワークが高まっていくことを日々実感します。一つのゴールに向けて全員本気で取り組む主体的な講義です。学科内で仲良くなりたい、そして本気で成長したいと思う方はプロジェクト演習を受講してみて下さい。わん御話し、聞ちくぃみそーち、いっぺーにふぇーでーびたん。

【日本文化学科 2年次 コザ高校出身】赤嶺 龍風

TOPICS! 日本文化学科トピックス

TOPICS! 01

沖縄県教員候補者選考試験(中学校国語)に2年連続現役合格!! 9名(全16名)の日本文化学科出身者が合格!!

 平成28年度教員採用試験(国語)合格者は次の通りでした。■中学校(国語)全体の内訳 志願者数(178名)1次合格者数(21名)、2次合格者数(16名)。■中学校(国語)日本文化学科教職課程 2次合格者数(9名)内1名(現役合格) ※平成27年度は、中学国語(7名)内2名(現役合格)、高等学校国語(2名)でした。
 現役合格を果たした小橋川遥[こばしがわ はるか](那覇高校出身)さんを紹介します。

〜これからどんな教師になりたいですか?(目指す教師像)〜

 教員には、さまざまな役割や能力が求められますが、私はまず、国語科の教師として言葉を尽くすことを大切にしたいと思っています。また、生徒にも言葉を大切にする態度を育みたいです。そして、生徒だけ、教師だけでもなく、生徒と共に汗を流して活動することを心がけることで、あたたかい人間関係を構築したいです。知識も経験も不足していますが、常に情熱と学び続ける態度を持って頑張ります。

〜合格がわかったとき、どんな気持ちでしたか?〜

 多くの方にご指導とご支援を頂いたので、そのことへの感謝の気持ちと、いいご報告ができることの嬉しさでいっぱいになりました。また同時に、教員として努めることに身の引き締まる思いがしました。

〜これから沖国大を目指す高校生へ〜

 沖国大には、親身になってご指導・ご支援くださる先生、職員、先輩がいます。また、教職を目指す同級生も多いので、同じ目標に向かって励まし合える仲間ができます。沖縄国際大学日本文化学科という環境は、私の国語科教員になるという夢を叶えるのに必要不可欠でした。沖国大から教員を目指す方々と学校現場で共に働けることを楽しみにしています。

TOPICS! 02

環境意識を高める初年次教育

 日本文化学科では、「リテラシー入門U」という科目で、大学生活において必要となるスキルを様々な側面から学習する授業を設けています。その中の「環境ガイダンス」は、毎年藤井晴彦先生をお招きして、グループワークに取り組んでいます。

 学生一人一人に今おきている環境問題を挙げてもらったあと、「2015年宇宙の旅」と題して、 <1000人が乗れる宇宙船で1000年の宇宙の旅に出なければならないとしたら宇宙船にどんなモノを積んで持って行くか>をグループで議論し、具体的な宇宙船の内容を絵で表す、というグループワークを行います。

 グループ発表の後に明かされたキーワードは「循環」でした。地球の資源は循環しており、それをいかに宇宙船で再現するかを考えることがポイントでした。日本文化学科では、専門的な学び以外にも、これからの世界に応じた学びも重視しています。

TOPICS! 03

エコアクション21、日文学生がエコ川柳コンテストの上位を独占!

 「エコ川柳」コンテストの授賞式が総合文化学部会議室で行われました。200点近い応募があり、日本文化学科2年次の3名が表彰されました。

【最優秀賞】 日本文化学科 山内あかり さん
「ポイ捨てで落としたゴミと好感度」(中央)

【優 秀 賞】 日本文化学科 伊保 珠菜 さん
「寒くても少し重ね着あったかい」(左)

【優 秀 賞】 日本文化学科 我那覇隆史 さん
「節電で道を照らす月明かり」(右)

TOPICS! 04

文章表現の指導が充実!!「リテラシー入門」(1年次)「アカデミック・ライティング」(2年次)「ゼミナール」(3,4年次)「文学実作演習」(3年次〜選択科目)

 日本文化学科では、「書く力」の育成のために、専門の必修科目や選択科目で実践的な学びに取り組んでいます。1年次の「「リテラシー入門」で課題文を分析しながら理解し、要約したり、批評したりして、文章で表現する<ライティング・スキル>を育てる授業を展開しています。

 2年次「アカデミック・ライティング」では、「リテラシー入門」での学びをさらに発展させ、(1)「卒業論文」の執筆に必要な文章表現力、(2)卒業論文の執筆の前段階としての「研究レポート」の執筆仕方、(3)卒業研究に必要なソフトウェアの操作能力を習得します。これを踏まえて、3、4年次の「ゼミナール」での学びを充実させていきます。

 また、3年次から選択できる「文学実作演習」では、現役の作家(大城貞俊先生)の指導によって、小説や詩の実作を学ぶことができます。文章で表現する力の育成を重視しているところは、日本文化学科の大きな特徴の一つです。

TOPICS! 05

学外ゼミで幅広い知見を身につけよう!!

 ゼミ研修旅行(奈良・京都)古典文学の学びを深めるために、研修旅行を行うゼミがあります。「古典文学の生まれた風土と文化を学ぼう」を研修目標、合言葉に、古代史のロマンに満ちた奈良県明日香村を探訪しました。この画像は、古代の水時計が発掘された場所(水落遺跡)を訪れたときのものです。

TOPICS! 06

4月の名物行事!新入生メンバーシップトレーニング ― 仲間づくり

 「新入生により楽しく日本文化学科の学習の入口にふれてもらうことを基盤とし、新入生が今後の大学生活を楽しく過ごせるように」というテーマの下で、2年次が企画・運営を担当し、「にちぶんクイズラリー」と題して、新入生たちが小グループにクイズ・アトラクションに取り組みました。

 表彰式では、上位5チームの表彰の他に、パフォーマンスが優れていた3チームがそれぞれ、「おおきなかぶ」と豊年祭の踊りを披露してとても盛り上がりました。その他、AO推薦合格者の入学前課題作文コンテストの表彰も行われました。

TOPICS! 07

NHK全国大学放送コンテスト3位!

 日本文化学科で培った文章表現力をいかして、学生たちは様々な表現活動にチャレンジしています。眞榮城茅奈実[まえしろちなみ]さん(首里高校出身)さんは、放送部員としてNコンに参加し、「机」という作品でラジオドラマ部門の堂々3位の成績を収めました。

TOPICS! 08

Facebook 沖縄国際大学日本文化学科(おきこく・にちぶん)も充実!!

 日本文化学科では、在学生、卒業生、そして受験生とのコミュニケーションツールとしてFacebookを解説し、様々な情報を発信しています。インターネットで「おきこく・にちぶん」と検索してください。『いいね!』を押すと受験生向けの情報も手に入ります。

資格・卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 高等学校教諭一種免許(国語)
  • 図書館司書資格
  • 日本語教員資格
  • 中学校教諭一種免許(国語)
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 上級情報処理士N
  • 博物館学芸員資格

資格を取得することによって専門職に就くことができます。

  • 国語教師
  • 公共図書館司書
  • 流通産業
  • 日本語教員
  • 出版・印刷・書店業
  • 公務員
  • 学校図書館司書・司書教諭
  • マスコミ
  • 観光業

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。

  • ■国語教師
  • ■日本語教員
  • ■公務員
  • ■公共図書館司書
  • ■学校図書館司書・司書教諭
  • ■出版・印刷・書店業
  • ■マスコミ
  • ■流通産業
  • ■観光業

主な就職先

卸・小売

東江メガネ/イオン琉球/オキジム/沖縄パナソニック特機/沖縄ホンダ/沖縄メディコ/キャン/光貴/サンエー/TDモバイル/ナチュラル/ファイブフォックス/ベイブルック/宮脇書店/ヤマノ・ホールディングス/ユナイテッド・ビジョン/リウボウインダストリー/リファクトリイ/琉球ダイハツ販売/琉球補聴器

サービス業

アミューズメント沖縄/エアホテル/かりゆし/サンレー/ジャンボツアーズ/JAおきなわ/東横イン/ファーモスト・ブルーシール/ブロンコビリー/ホテルオリオンモトブリゾート&スパ/町田機工/ロワジール・ホテルズ沖縄

金融・保険

沖縄海邦銀行/沖縄銀行/損害保険ジャパン日本興亜

通信・IT

アンビション/イー・コード/エクスエンジニアリング/沖縄セルラー電話/オリックス・ビジネスセンター沖縄/カルク/国際システム/コンピュータ沖縄/トランスコスモス シー・アール・エム沖縄

印刷・広告

旭堂/近代美術/宣伝

運輸・郵便

ANA沖縄空港/佐川急便

製造

ぐしけん

建設・不動産

照正興産

医療・福祉

中部徳洲会病院

教育

沖縄県公立学校教員

公務員

沖縄市役所/入国警備官/宮古島市役所(図書館)

進学

沖縄国際大学大学院/上越教育大学教職大学院/鳴門教育大学大学院/琉球大学大学院

卒業生から見たOKIU MESSAGE

沖縄で地域に根ざしながら世界を見つめ、日本の多様性と相互理解を学ぶ

高橋 美紀

コンケン大学 教育学部 日本語教員
高橋 美紀
国文学科 2000年度卒業
北星学園女子高校出身

 高校生のとき、留学生がルームメイトだったことから日本語教師を目指しました。大学卒業後、当時、大学の協定校だったタイの北部にあるヨノック大学で一年働き、帰国後は県内外の日本語学校、専門学校、大学で留学生に日本語を教えてきました。今は再びタイに戻り、東北部にあるコンケン大学教育学部で教師を目指す学生に日本語や日本語教授法を教えています。

 私は北海道出身なのですが、大学時代は日本語学や日本語教授法だけではなく琉球方言学や沖縄の民話についても学びました。その中から日本の中にもある言語的・文化的多様性を知り、異文化・多文化理解の複雑さについて学びました。

 同世代の友人だけではなく、研究調査などを通じて戦前戦中戦後を知るお年寄りやハワイや南米の県系人からお話を聞くことができたのは、地域に根ざしながら広く世界を見つめることができる沖国大ならではのことだと思います。皆さんにも大学で視座を高め、世界に飛び立ってほしいと思います。

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る