現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 日本文化学科

総合文化学部 | 日本文化学科

琉球・日本文化を再発見し、世界に向けて発信する!

日本文化学科では、「ことば」「文学」「芸能」など、沖縄と日本の文化を幅広く学ぶとともに、グローバル化する現代の中で、IT(情報技術)、地域理解力、外国語コミニュケーションスキルなど、沖縄・日本の文化を世界に向けて発信するための様々なスキルや感性を磨くことができます。また、「ことばのプロになろう!」を合言葉に、トレーニングを繰り返しながら、職業人、地球市民として自立し、活躍していくための豊かな教養、言語表現力、自己実現力を身につけることができます。

沖縄・琉球と日本に伝わる文化を広く・深く学び、グローバル化する世界に向けて
発信・表現するための知識・技能・感性を身につける!

  • 沖縄・日本に根ざしたことば・文学・芸能の探求
  • 少人数ゼミでの徹底した個別指導による、調べる・読む・批評する・書く・発表する力の育成
  • 「ライティングセンター」でのマンツーマンでの文章表現指導
  • 定評と実績のある中学校・高校国語科教員の養成
  • 国際化と多文化共生の時代に対応する日本語教員の養成
  • 県内唯一の図書館学専門ゼミの設置・図書館司書の専門的養成
日本文化学科
下地 勝貴 日本文化学科4年次(那覇高校出身)

先生から見るOKIU

学ばな 我した文化 御万人ぬ文化

学科の魅力と個性は?
西岡 敏 教授

日本文化学科
西岡 敏 教授

日本文化学科では、2013年から新しいコース「多文化間コミュニケーションコース」が始まっています。グローバル化が進む現代において、多様な人々・多様な文化との共存・共生していくために、意欲的なカリキュラムが組まれています。一つしかない地球のもとで、全世界の人々と平和に暮らすためには、「他者」すなわち「異文化」への理解が不可欠です。しかしながら、「他者」を理解するためには、まず「自分」たちの文化を足下から見据える必要があるのではないでしょうか。日本文化学科では、琉球・日本にとことんこだわり、地域固有の文化への理解を基盤に据えて、国際的に羽ばたく人材を育てていきたいと考えています。具体的には、国語科教員免許課程、日本語教師養成課程、図書館司書養成課程などの免許・資格が取得できますが、いずれも琉球・沖縄文化、日本文化をしっかりと理解したうえで、地域社会・国際社会で活躍できる人づくりを目指しています。

コース

琉球文化コース(琉球語学、琉球文学、琉球芸能)

琉球文学、琉球語学、芸能論などを学ぶ多彩で専門的なコース。「ウチナーグチを話そう!」「島唄をうたおう!」を合い言葉に、琉球語会話の習得を目指す実践的な授業もあります。

日本文化コース(日本語学、日本文学、日本の芸能・芸術)

近現代文学、古典文学、絵巻、演劇、映画、アニメといった表現作品の歴史や理論、ことばと教育との関わりなどを学びます。文学賞や放送関係の受賞者もたくさん送り出しています。

多文化間コミュニケーションコース(多文化理解・図書館情報)

グローバル時代にふさわしい文化の多様性とその発信方法を学ぶコース。地域文化を世界に向けて発信するためのITや情報整理能力、語学力、多文化社会を理解するために必要な解釈力など、幅広いコミュニケーション力を養います。

学生から見たOKIU

何事も答えはひとつでない。多角的な視野の重要性を学びました。

崎原 真理奈 日本文化学科 4年次 (八重山高校出身)

崎原 真理奈 日本文化学科 4年次 (八重山高校出身)

図書館司書を目指すため、図書館学の専門ゼミがある本学科へ。教員はもちろん、出版や書籍流通業界を目指す人もいます。教職課程をとってる友人は文法に強く、私はパソコンや情報系に強かったり。だからお互いに教え合いますね。上下の絆も強く、先輩にとても感謝してるから私も後輩にしてあげたくなります。協力の輪ですね。卒論は児童サービスを考えています。児童書は奥深い。大人の方にも児童書の面白さを伝えたいですね。

夢に向かってがんばることの楽しさを教わりました。

武元 瑞葵 日本文化学科 4年次 (那覇国際高校出身)

武元 瑞葵 日本文化学科 4年次 (那覇国際高校出身)

家族も親族も教師ゆえ同じ道を躊躇してたけど、国語の教師だった祖父に影響され言葉の大切さを伝える教師になろうと決めました。教職課程はとても大変だけど楽しいし、みんなと一緒だから乗り越えられます。高校の先生が言ってた通り、沖国大の日文は優秀!祖父は校長先生時代、全学年の生徒の顔と名前を覚えてました。私には難しいけど生徒1人1人と向き合って、成長の手伝いができる先生になりたいです。

ここで得た学びを糧に、伝統芸能の継承に励みたいです。

仲村 圭央 日本文化学科 4年次 (普天間高校出身)

仲村 圭央 日本文化学科 4年次 (普天間高校出身)

3歳から琉舞を、5歳から組踊を続けています。高校の先生は違う大学を勧めたけど師匠は反対、僕も狩俣先生に学びたく、また伝統芸能にあまり興味がない人々とも交流したくて沖国大を選びました。思い出に残っているのは1年時の学祭での日本語表現法演習メンバーによる民話劇発表会。衣裳・メイクを担当し、皆も興味津々でした。仲間との刺激の交換は新鮮。師匠も表現力が豊かになったと褒めてくださって嬉しい限りです。

日本文化学科カリキュラム

日本文化学科カリキュラム

卒業必要単位数

共通科目 28単位以上 ※英語4単位・外国語4単位を含む
必修科目 28単位以上
選択必修科目 18単位以上
選択科目 26単位以上

合計 124単位以上

カリキュラムピックアップ

プロジェクト演習

1年生が11月の大学祭での演劇の上演を目指して、舞台作りを体験します。

国語科教育法演習II

国語の先生になるためのトレーニングを積む授業です。模擬授業を行います。

琉球語学概論I・II

沖縄の方言を学ぶ授業。会話や島唄を通じて方言にふれ、音声や文法などことばのしくみを理解。北部での方言調査なども行っています。

ジャパノロジーI・II

文化を越えて機能するために必要な知識、スキル、態度を育てる授業。世界共通語としての「英語」を交えて、さまざまなアクティビティを体験的に身につけていきます。

私の時間割

嘉数 大介 日本文化学科 3年次 (那覇西高校出身)

嘉数 大介 日本文化学科 3年次 (那覇西高校出身)

高校時代から現代版組踊塾に所属、沖縄の歴史や文化を学びたくてこの学科に。でも日本語への知識の未熟さに気づき、日本文化に興味を持つようになりました。伝統芸能に関わる仲間も多く、話も合って楽しいですね。学科の特徴的な科目といえば日本語表現法演習。学生だけでゼロから作り上げる過程が面白く、共同作業の大切さを学びました。

日本文化学科ゼミナールの研究テーマ一覧

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される、少人数の授業形態のことをいいます。

リテラシー入門(1年次対象)

読む、調べる、考える、発表するためのトレーニングを繰り返しながら、言語表現力の基礎をしっかりと身につけていきます。文章が苦手な人は、学内の「ライティングセンター」にて、日本文化学科を卒業した大学院生から個別指導を受けることも可能です。『にちぶん羅針盤』というブックガイドを配布し、ブックラリー形式で、楽しみながら読書に親しみ、読解力と専門知識を身につけることもできるようになっています。また、メンバーシップトレーニングとして定期的にレクリエーションも行っています。

ゼミナール入門・アカデミックライティング(2年次対象)

前期(4月〜8月)は、本格的な卒業研究に向けての準備として、論文の書き方、文献批評の方法、アンケート調査やインタビュー調査などの社会調査法、パソコンを使ったデータ集計方法などを学習します。後期(9月〜2月)は、専任教員によるゼミ紹介、ゼミ見学ツアー、研究室訪問などを通じて、3年生から専攻するゼミ・学問分野を選択していきます。

ゼミナール(3年次対象)

2年生までに養った専門知識と研究手法を活用し、各自が自由にテーマを選び、それぞれの仮説・問題意識の下で、研究発表を行います。研究発表を通じて、プレゼンテーションとディスカッションのトレーニングを徹底して行います。ゼミごとに調査旅行に行くこともあります。

卒論指導演習(4年次対象)

4年間の研究活動の総仕上げとして、各自がテーマを自由に設定し、卒業論文を仕上げます。その成果を、卒業論文集として出版します。

各ゼミのテーマ
  • ■大城ゼミ「日本語教育・多文化間コミュニケーション研究」(日本語教師専門ゼミ)
  • ■大野ゼミ「文学とサブカルチャー・メディア研究」
  • ■葛綿ゼミ「古典文学・古典文化研究」
  • ■黒澤ゼミ「文学・ジェンダー・クイア理論研究」
  • ■田場ゼミ「古典文学・国語教育学研究」
  • ■仁野平ゼミ「国語教育学・近代文学研究」(国語教育専門ゼミ)
  • ■山口ゼミ「学校図書館研究、児童文化研究、表現論」
  • ■吉田ゼミ「図書館情報学研究」(図書館司書専門ゼミ)
  • ■兼本ゼミ「比較文化研究」
  • ■狩俣ゼミ「琉球文学研究・芸能研究」
  • ■下地ゼミ「日本語学・琉球語研究」
  • ■西岡ゼミ「琉球語研究・方言調査(フィールドワーク)」

ゼミナール紹介(ゼミ生に聞きました!)

大城ゼミ (ゼミ員構成:男2名 女性9名)

大城 朋子 教授 
専門分野:日本語教育・社会言語学分野・異文化コミュニケーション分野 
担当科目:日本語教授法・日本語教育実習・ジャパノロジー・コミュニケーションスキル

大城ゼミは、社会や日常生活で使われている言葉や表現を通して、社会言語学や異文化コミュニケーションについて調査・研究をしています。ゼミ生は日本人だけではなく、留学生も一緒になって学んでいます。各国の考えや文化に触れることが出来て、凄く楽しいです。一人一人が自分の研究テーマに取り組みつつ、世界に目を向けて活動しています。和気あいあいとみんなで楽しく、時には真剣にテーマに向き合って自分の知識を深めています。自分の考えや視野を大きく広げられるゼミです。(2012年度 3年次 ゼミ長:松川 沙奈 広島三育学院高校出身)

卒業生から見たOKIU

今の感性を大切にしながら、社会人としての自覚と責任を維持したい。

金城 成太

株式会社リファクトリィ
金城 成太
日本文化学科
2012年度卒業(向陽高校出身)

現在のお仕事を選んだきっかけ

アパレル会社のバイヤー部門候補生として採用をいただきました。沖縄出身者の採用は初めてだと聞き、嬉しさと同時に身が引き締まりました。母がアパレル業に従事、僕もアパレルショップでバイトをしていたこともあるのですが、2年生の離島での土木業インターンシップにて自給自足のような限られた環境での生活が、僕の中の“洋服愛”を気付かせてくれたことが大きかったです。このインターンシップのおかげで、アパレルの世界へ飛び込む決心ができました!

大学時代について

元々教員希望で教職課程を受講していましたが、就職活動時期にふと、自分は何がしたいのか?と迷ってしまって。やはり自分が好きなこと・楽しいことをしよう!と、一般企業へ絞った経緯があるのですが、教職課程のおかげで先輩や同級生との絆は強くなりました。助け合いながら同じ目標に向かう仲間は想像以上のパワーを引き出してくれます!沖国大ってキャンパスの雰囲気が開放的。基地が近くにある独特の環境から他の大学とは違った学びが得られました。

今後の目標

面接会場へ向かうエレベーターでダンディな身のこなしでマナーも上品な方と乗り合わせ、同じ階で降りて、同じ部屋に…はい、その方は社長でした!この人についていこうと思える素敵な方と出会えた僕はとてもラッキーです。今は業務上必要な販売士と通関士の資格取得と語学を猛勉強中ですが、社長直々に言われた「感性を生かしたい」という期待と、座右の銘である「現状に甘んじない」を胸に、大げさですが沖縄代表として沖縄の良さも伝えたいと思います!

ニュース

全国放送コンテストで第一位!上原いづみさん(那覇西高校出身)

今年の4月に日本文化学科を卒業した上原いづみさん(那覇西高校出身)は、「第29回NHK全国大学放送コンテスト」(文部科学省後援)の「音声CM部門」において第1位を受賞致しました。上原さんが制作したCMは、「生から人へ」というタイトルで、大学4年生の卒業式にて、幼稚園生から大学生まで、何をするにもついていた「生」の文字がなくなり、明日から社会「人」になる、という会話から構成された30秒の音声作品です。大学4年生、つまり、卒業生という立場から、“今まで「生」を生きてきたが、これからは「人」を生きていく、それが「人生」なのだという”、上原さん自身の率直な想いを込めて制作されたものです。こうしたメッセージ性が高く評価されての受賞となりました。

文学関係でも受賞者が続々!伊波希さん(真和志高校出身)

日本文化学科は、文学的な才能を生かし、文芸の創作において活躍する人をたくさん輩出してきています。2012年度も、沖縄県を代表する文学賞の「おきなわ文学賞」で、伊波希さん(真和志高校出身)の「ありふれた日常」が、詩部門で二席の沖縄県文化振興会理事長賞を獲得しました。詩部門の一席は該当者なしでしたので、事実上の第一位となります。

上原いづみさん/伊波希さん

琉球芸能コンクールで最高賞!砂川政秀くん(小禄高校出身)、宮城麻紀子さん(星槎国際高校出身)

日本文化学科には、全国でも珍しい、沖縄の言語や伝統文化を学ぶ「琉球文化コース」が設置されています。このコースで学んだ日文生が、沖縄の伝統芸能を支える人材として数多く羽ばたいています。2012年8月に発表された、「沖縄タイムス芸術選賞選抜コンクール 琉球古典舞踊」でも、日本文化学科から2名の学生が最高賞受賞者に選ばれています。舞踊部門の砂川政秀くん(小禄高校出身)と、宮城麻紀子さん(星槎国際高校出身)です。「昨年の太鼓部門に続いての受賞となりました。これからも稽古と勉学に励みます!」と砂川くん。

日本語教員の海外実習

多文化間コミュニケーションコースでは、日本・沖縄と海外の文化の共通点や相違点を体験的に学習できるプログラムを提供しています。このコースには、外国人に日本語を教える日本語教員を目指す学生が多く所属しており、海外研修の1つとして、毎年、台湾の東海大学での日本語教育実習も実施されています。「東海大学の学生にとっては、私達の存在はすべてが異文化。鞄につけていた「お守り」一つでもいろいろ質問されました。日本語教員という仕事は、日本語だけでなく、日本に関する様々な知識が求められるのだ、と感じた3週間でした」(参加した新崎莉巳佳さん(興南高校出身)の感想)

卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 高等学校教諭一種免許(国語)
  • 中学校教諭一種免許(国語)
  • 日本語教員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 博物館学芸員資格

目指すステージ

資格を取得することによって、専門職に就くことができます。

  • ■国語教師
  • ■日本語教員
  • ■公共図書館司書
  • ■学校図書館司書・司書教諭
  • ■出版・印刷・書店業
  • ■マスコミ
  • ■博物館学芸員
  • ■公務員
  • ■観光業

主な就職先

公務員・教育関係

沖縄県立高等学校教員、那覇市立中学校教員、沖縄県立高校図書館司書、那覇市立小学校図書館司書、名護市立小学校図書館司書、那覇市立公共図書館司書、宜野湾市民図書館司書、沖縄市立図書館司書、恩納村立図書館準備室司書、読谷村立小学校図書館司書、伊江村立小学校図書館司書、沖縄県庁、沖縄県学校事務、入国警備官、南城市役所、沖縄市役所、海洋博覧会記念公園管理財団、福建師範大学(日本語講師)、千葉県警

金融・保険業

日本生命保険、コザ信用金庫、琉球銀行、沖縄県農業協同組合

卸売・小売業

サンエー、金秀商事、琉薬、コンピュータ沖縄、琉球光和、宮脇書店、沖縄ファミリーマート、ベネッセコーポレーション

マスコミ関係

FM沖縄、琉球放送、沖縄タイムス、琉球新報

サービス業・観光業

ルネッサンスリゾートオキナワ、アリビラホテルマネジメント、ホテルロイヤルオリオン、エアー沖縄、沖縄ツーリスト、オキナワマリオットホテル、リザンシーパークホテル 谷茶ベイ

進学先

沖縄国際大学大学院、早稲田大学大学院、宮城教育大学大学院、琉球大学大学院、慶応義塾大学大学院、白百合女子大学大学院、筑波大学大学院、城西国際大学大学院、上越教育大学教職大学院

コラム

学びと就職

大野 隆之 教授 (日本文化学科)
大野 隆之 教授

日本文化学科というとまず国語教員、図書館司書、日本語教員などが思い浮かぶと思います。もちろんこれらの職業については、充実したカリキュラムを用意しており、強い意志を持った学生達は、夢を実現しています。それだけでなく近年の傾向として、マスコミ関係や一般企業にも強みを発揮しています。これは日本文化学科の授業を通して身につく、読解力、作文力、話す力、によるものです。一昨年は沖縄タイムスに就職した卒業生が、不発弾処理の記事により、全国的な賞を受賞しました。これはもちろん本人の地道な努力によるものですが、在学中培われた、しっかり調べ、それを分かりやすく正確な言葉で表現するという訓練の結果でもあるのです。一般企業においても現在、書く力、話す力は大卒社会人の必須の能力と考えられています。読解力、表現力は、地道な長い努力によってしか身につきません。
日本文化学科では、仲間と楽しく語り合いながら、徐々にみなさんが成長するプログラムを用意しています。

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る