現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 日本文化学科

総合文化学部 | 日本文化学科

琉球・日本文化を再発見し、世界に向けて発信する!

 日本文化学科では、「ことば」「文学」「芸能」など、沖縄と日本の文化を幅広く学ぶとともに、グローバル化する現代の中で、I T(情報技術)、地域理解力、外国語コミュニケーションスキルなど、沖縄・日本の文化を世界に向けて発信するための様々なスキルや感性を磨くことができます。また、「ことばのプロになろう!」を合言葉に、トレーニングを繰り返しながら、職業人、地球市民として自立し、活躍していくための豊かな教養、言語表現力、自己実現力を身につけることができます。

文化を学ぶと、未来が見える

ことばも文学も芸能も、より豊かな毎日にするために必要なもの。
身近な存在だからこその追究するおもしろさを、実感しよう。

沖縄・琉球と日本に伝わる文化を広く・深く学び、グローバル化する
世界に向けて発信・表現するための知識・技能・感性を身につける!

  • 沖縄・日本に根ざしたことば・文学・芸能の探求
  • 徹底した個別指導によって、調べる・読む・批評する・書く・発表する力を育成する少人数ゼミ
  • 「ライティングセンター」での文章表現のマンツーマン指導
  • 定評と実績のある中学校・高校国語科教員の養成
  • 国際化と多文化共生の時代に対応する日本語教員の養成
  • 県内唯一の図書館学専門ゼミの設置・図書館司書の専門的養成
日本文化学科
島仲 美和 日本文化学科3年次(中部商業高校出身)

先生から見るOKIU

今こそ、ことばの達人に!!

学科の魅力と個性は?
田場 裕規 准教授

日本文化学科
田場 裕規 准教授

 「ことばの達人」になると言っても、一朝一夕に成し遂げられることではありません。「達人」には、「達人」にふさわしい確かな知性と豊かな人間性が求められると思います。ことばは、人類が獲得したモノのなかで、一番素晴らしいものであり、また一番危険なものでもあります。ことばを操るために、心を砕いているのが人生かもしれません。IT化が進む中、ネット上のことばが私たちの心を悩ませています。ことばに心をのせて「他者に伝える」には、確かな技術が必要ですが、それがないために「他者」と共生できないという不幸が多くなってきました。日本文化学科は、他者との共生をめざし、グローバル化が進む世界で、より良く生き抜くための「ことば」「文化」「芸能」に関するカリキュラムによって、確かな知性と豊かな人間性の育成をめざしています。国語科教員、日本語教師、図書館司書等の資格も取得できますが、その根幹は「ことばの達人」をめざすところにあります。

コース

琉球文化コース(琉球語学、琉球文学、琉球芸能)

 琉球文学、琉球語学、芸能論などを学ぶ多彩で専門的なコース。「ウチナーグチを話そう!」「島唄をうたおう!」を合い言葉に、琉球語会話の習得を目指す実践的な授業もあります。

日本文化コース(日本語学、日本文学、日本の芸能・芸術)

 近現代文学、古典文学、絵巻、演劇、映画、アニメといった表現作品の歴史や理論、ことばと教育との関わりなどを学びます。文学賞や放送関係の受賞者もたくさん送り出しています。

多文化間コミュニケーションコース(多文化理解・図書館情報)

 グローバル時代にふさわしい文化の多様性とその発信方法を学ぶコース。地域文化を世界に向けて発信するためのITや情報整理能力、語学力、多文化社会を理解するために必要な解釈力など、幅広いコミュニケーション力を養います。

学生から見たOKIU

言葉があって、文化ができて、受け継がれる。沖縄の魅力を“ちゃー笑い”精神で広めたいです。

嘉数 大介 日本文化学科 4年次(那覇西高校出身)

嘉数 大介 日本文化学科 4年次 (那覇西高校出身)

 沖縄の伝統芸能を多くの方に知ってもらいたく、創作舞踊集団や琉舞の研究所での活動にも励んでいます。本学科では日本文化コースを選択。それは琉球文化だけにこだわらず視野を広げるためです。「沖縄や日本の文化を学ぶ」って堅そうだけど、先輩後輩問わず仲がよくて普段の会話が文豪からアニメまで振り幅が広い。言葉は、日常と切り離せないからこそ追究する面白さや奥深さがある。ここでの学びが、毎日を有意義にしてくれますよ。

世界を知る度に、沖縄や三線がさらに大好きに。ここには、一生懸命になれる“何か”が必ずある!

下地 彩香 日本文化学科 3年次(コザ高校出身)

下地 彩香 日本文化学科 3年次 (コザ高校出身)

 中学時代の図書館の先生に憧れて、図書館司書を目指しています。三線を弾き続けたくて琉球芸能文学研究会に所属し、琉球文学や芸能を研究する狩俣ゼミへ。司書を目指すゼミに所属すべきでしょうが、本ゼミから教員になった先輩がいると聞いて、私もがんばればできるかと思っての選択でした。国内交換留学(札幌学院大学)も経験。沖国大を外から見る機会に恵まれ、研究一辺倒にならず自由に学びやすい環境や先生との距離の近さが私に合っていることがわかりました。

4年間で学ぶ教育内容のカリキュラム

日本文化学科カリキュラム

卒業必要単位数

共通科目 28単位以上 ※英語4単位・外国語4単位を含む
必修科目 28単位以上
選択必修科目 18単位以上
選択科目 26単位以上

合計 124単位以上

カリキュラム紹介

プロジェクト演習

 1年生が11月の大学祭での演劇の上演を目指して、舞台作りを体験します。

国語科教育法演習II

 国語の先生になるためのトレーニングを積む授業です。模擬授業を行います。

琉球語学概論I・II

 沖縄の言葉を学ぶ授業。会話や島唄を通じて方言にふれ、音声や文法など言葉のしくみを理解。各地での方言調査などにつなげます。

ジャパノロジーI・II

 文化を越えて機能するために必要な知識、スキル、態度を育てる授業。世界共通語としての「英語」を交えて、さまざまなアクティビティを体験的に身につけていきます。

プロジェクト演習、国語科教育法演習II、琉球語学概論I・II、ジャパノロジーI・II

私の時間割

久保田 莉央 日本文化学科 4年次(向陽高校出身)

久保田 莉央 日本文化学科 4年次(向陽高校出身)

 国語はあらゆる学びの基本。その大切さを子どもたちに知ってほしくて教師を目指しています。さすが教職の沖国大! 同じ目標を持つ仲間に囲まれ、いつも刺激されます。どの科目も有意義なものばかりですが、国語科教材(文学)を研究する日本文学特殊講義は特に面白かったです。

日本文化学科ゼミナールの研究テーマ

 ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

リテラシー入門(1年次対象)

 読む、調べる、考える、発表するためのトレーニングを繰り返しながら、日本語運用の基礎的能力をしっかりと身につけていきます。文章が苦手な人は、学内の「ライティングセンター」にて、日本文化学科を卒業した大学院生から個別指導を受けることも可能です。「にちぶん羅針盤」というブックガイドを配布し、ブックラリー形式で、楽しみながら読書に親しみ、読解力と専門知識を身につけることもできるようになっています。また、メンバーシップトレーニングとして定期的にレクリエーションも行っています。

ゼミナール入門・アカデミックライティング(2年次対象)

 前期(4月〜8月)は、卒業研究に向けての準備として、論文の書き方、文献批評の方法、アンケート調査やインタビュー調査などの社会調査法、パソコンを使ったデータ集計方法などを学習します。後期(9月〜2月)は、専任教員によるゼミ紹介、ゼミ見学ツアー、研究室訪問などを通じて、3年生から専攻するゼミ・学問分野を選択していきます。

ゼミナール(3年次対象)

 2年生までに養った専門知識と研究手法を活用し、各自が自由にテーマを選び、それぞれの仮説・問題意識の下で、研究発表を行います。研究発表を通じて、プレゼンテーションとディスカッションのトレーニングを徹底して行います。ゼミごとに調査旅行に行くこともあります。

卒論指導演習(4年次対象)

 4年間の研究活動の総仕上げとして、各自がテーマを自由に設定し、卒業論文を仕上げます。その成果を、卒業論文集として出版します。

各ゼミのテーマ
  • ■大城ゼミ「日本語教育・多文化間コミュニケーション研究」(日本語教師専門ゼミ)
  • ■大野ゼミ「文学とサブカルチャー・メディア研究」
  • ■葛綿ゼミ「古典文学・古典文化研究」
  • ■黒澤ゼミ「文学・ジェンダー・クイア理論研究」
  • ■田場ゼミ「古典文学・国語教育学研究」
  • ■新任ゼミ「国語教育学」(国語教育専門ゼミ)
  • ■山口ゼミ「学校図書館研究、児童文化研究、表現論」
  • ■吉田ゼミ「図書館情報学研究」(図書館司書・学校司書ゼミ)
  • ■兼本ゼミ「比較文化研究」
  • ■狩俣ゼミ「琉球文学研究・芸能研究」
  • ■下地ゼミ「日本語学・琉球語研究」
  • ■西岡ゼミ「琉球語研究・方言調査(フィールドワーク)」

ゼミの様子

ゼミナール紹介(ゼミ生に聞きました!)

吉田ゼミ (ゼミ員構成:男4名 女性18名)

吉田 肇吾 講師
専門分野:図書館情報学、図書館政策、図書館経営
担当科目:図書館文化論、図書館施設論、学校経営と学校図書館

 吉田ゼミは、図書館情報学を互いに学び合うゼミです。図書館司書や学校図書館司書教諭課程を履修する学生が多く、図書館関係の研究をすすめ、卒業後は多くの先輩が司書や学校司書として、各図書館で活躍しています。また、研究以外のゼミ活動では、夏のゼミ合宿で県内の様々な図書館を職員の説明を受けながら見学したり、交流会やスポーツを通して親睦を深めています。学園祭にも参加し、自分達で計画し協力することで、ひとつのことをやり遂げることができました。担当教員の吉田先生はとてもフレンドリーで、いつ研究室を訪ねても喜んで迎えてくれます! 甘いお菓子があるとさらに…! 吉田ゼミは、各々が自分の目標に向かって努力し、大学生活を思いきり楽しむことのできるゼミです。(ゼミ生氏名:宮平 幸乃(西原高校出身))

卒業生から見たOKIU

大学で学んだ言葉を大切にする仕事に携われ、毎日が充実しています。

伊藝 梓

株式会社エフエム沖縄
放送制作部 伊藝 梓
国文学科(現 日本文化学科)
2003年度卒業(知念高校出身)

現在のお仕事について

 ラジオ局の放送制作部でアナウンサー兼ディレクターをしています。生放送・収録・公開放送などがありますが、毎回どれも本番。ラジオは声だけで伝えますが、リスナーから頂いたお便りで風景や香り、感触まで楽しめる媒体です。言葉を大切にしながら仕事ができるのは嬉しい限りで、出会いが多いのも魅力です。世代や活動ジャンルも様々な方とお話ができるのは、貴重なひととき。話すよりも「聴く」ことを意識しています。

大学時代について

 本学科では、素晴らしい仲間と先生に恵まれました。卒論と就活に向けて、友人達と励まし合いながら卒業必要単位をほぼ3年間で取ったので4年次ではゼミに集中できました。大城ゼミでは「ウチナーグチを使った商品のキャッチコピー」を調べたり、「沖縄の若者における地域語調査」などを発表、ここ沖縄で生まれ育ったことを改めて誇りに思う時間でした。

今後について

 公私共に忙しい毎日ですが、理解ある職場に感謝しています。歳を重ねて体験が増える度にリスナーのお便りに共感でき、「うん。うん。」と頷きながら仕事も家事も頑張れます。今後は資格や趣味を増やして番組に活かしたいです。そして「沖縄国際大学校友会40周年記念式典」の司会のお手伝いがとても嬉しかったので、私を育ててくれた場所への恩返しも少しづつ叶えていきたいです。

ニュース

【多文化間コミュニケーションコースのご紹介】
ビデオ会議型ワークショップに参加しました

 2013年12月7日(土)「MAKER PARTY for Teachers to bein ASIA」という、ビデオ会議型ワークショップに日本文化学科の日本語学ゼミと文化情報学ゼミの学生たち(3・4年生5名)が参加しました。このワークショップでは、Mozillaが開発したオンラインコンテンツの編集用ソフトを活用した小中高校生向けのクラスレシピ(授業案)を作成しました。参加した大学は、沖縄国際大学以外に、慶應義塾大学、インドネシアのバンドン工科大学。それぞれの会場をビデオ電話でつないで、ソフトウェアの説明を受けたり、授業案を発表したりしました。同じソフトを使っていても、授業案のアイディアにはそれぞれの文化の違いや地域性が反映されます。多文化間コミュニケーションの面白さをICT(情報通信技術)を利用して体験できた、貴重な一日となりました。日本文化学科の多文化間コミュニケーションコースでは、こうしたイベントを通じて、言語力だけでなく、ICTの実践力も身に付けることができるカリキュラムとなっています。

ビデオ会議型ワークショップの様子

ビブリオバトル予選会を開催しました!

 2013年10月12日(土)沖縄国際大学図書館4F学習室で、知的書評合戦ビブリオバトルの予選会(文化情報学ゼミ主催・沖縄国際大学図書館後援)を開催しました。日本文化学科で図書館司書資格課程を受講している学生を中心に自分の好きな本を語り合いました。今回のバトラーが紹介した本は、『変身』(カフカ著)『県庁おもてなし課』(有川浩著)『夜明けの図書館』(埜納 タオ著)『美輪明宏のおしゃれ大図鑑』(美輪明宏著)『太平記』『心にトゲを刺す200の花束』(エリック マーカス著)等々。チャンプ本は、2年生の屋良朝哉君(西原高校出身)が実体験をもとに熱く語って、会場を大いに盛り上げた『すべてはモテるためである』(二村ヒトシ著、 イースト・プレス)に決まりました。屋良君は沖縄大会で見事優勝し、県代表として全国大会に派遣されました。

ビブリオバトル予選会を開催しました

国語教育実践研究大会を開催しました

 2013年8月17日(土)第7回 国語教育実践研究大会を開催しました。沖縄国際大学国語科教職課程の卒業生及び在学中の学生・大学院生のみならず、沖縄県内外の多くの先生方に足をお運びいただき、国語教育に携わる者の集う充実した研鑽の機会となりました。【中学校】新垣真先生(安岡中)前泊優斗先生(興南中)大城朝広先生(普天間中)【高等学校】野崎睦先生(名護高)渡久地政士先生(球陽高)大城健先生(開邦高)、講演:中洌正堯先生(兵庫教育大学名誉教授 元兵庫教育大学学長) 演題:国語教育における歳時記的方法・風土記的方法。

卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 高等学校教諭一種免許(国語)
  • 中学校教諭一種免許(国語)
  • 日本語教員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 博物館学芸員資格

目指すステージ

資格を取得することによって、専門職に就くことができます。

  • ■国語教師
  • ■日本語教員
  • ■公共図書館司書
  • ■学校図書館司書・司書教諭
  • ■出版・印刷・書店業
  • ■マスコミ
  • ■流通産業
  • ■公務員
  • ■観光業

主な就職先

公務員・教育関係

沖縄県立高等学校教員、那覇市立中学校教員、沖縄県立高校図書館司書、那覇市立小学校図書館司書、名護市立小学校図書館司書、那覇市立公共図書館司書、宜野湾市民図書館司書、沖縄市立図書館司書、恩納村立図書館準備室司書、読谷村立小学校図書館司書、伊江村立小学校図書館司書、沖縄県庁、沖縄県学校事務、法務省刑務官、入国警備官、南城市役所、沖縄市役所、海洋博覧会記念公園管理財団、福建師範大学(日本語講師)、千葉県警、北九州予備校、メセナ予備校、年金機構

金融・保険業

日本生命保険相互会社、コザ信用金庫、琉球銀行、沖縄県農業協同組合

卸売・小売業

サンエー、金秀商事、琉薬、コンピュータ沖縄、琉球光和、宮脇書店、沖縄ファミリーマート、ベネッセコーポレーション、オリオンビール、りゅうせき商事

マスコミ関係

FM沖縄、琉球放送、沖縄タイムス、琉球新報

サービス業・観光業

ルネッサンスリゾートオキナワ、アリビラホテルマネジメント、ホテルロイヤルオリオン、エアー沖縄、沖縄ツーリスト、オキナワマリオットホテル、リザンシーパークホテル谷茶ベイ、ビック・ブライダル、近代美術、琉球補聴器

進学先

沖縄国際大学大学院、早稲田大学大学院、宮城教育大学大学院、琉球大学大学院、慶応義塾大学大学院、白百合女子大学大学院、筑波大学大学院、城西国際大学大学院、上越教育大学教職大学院

コラム

学びと就職

下地 賀代子 准教授 (日本文化学科)
下地 賀代子 准教授

 「大学で勉強することって社会で役に立つの?」そんな声を聞いたことがあります。日本文化学科の場合、国語教員や図書館司書、日本語教師などの専門職を目指すのでなければ、文学や言語学など専門的でマニアックにも感じられる授業の数々が、例えば一般企業の就職にどう役立つのか、疑念が生じるかもしれません。確かに、そこで得た知識が直接的に就職試験に結びつくことは少ないでしょう。ですが、大学の授業で得られることはただ知識のみではありません。物事への新たな視点、洞察力、己の考えをまとめそしてそれを提示する力が、知識と同時に養われているのです。日本文化学科の場合、その集大成が卒業論文です。自らが決めた研究テーマについて調査・分析を重ね、結果を考察し、結論へと導く一連の執筆過程は、それまでに得られた読解、考察、表現する力をさらに高めてくれます。そしてこれらの「力」こそ、社会・企業において求められる基本的かつ必須の能力だと言えるのです。
 大学での学びが社会で役立つか。その答えは「Yes」です。知識と「力」を高めていく努力を怠らず、社会で、企業で、広く活躍できる社会人を目指してほしいと思います。

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る