現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 日本文化学科

総合文化学部 | 日本文化学科

沖縄(琉球)・日本文化を再発見し、世界に向けて発信する!

日本文化学科では、「ことば」「文学」「芸能」など、沖縄と日本の文化を幅広く学ぶとともに、グローバル化する現代の中で、IT(情報技術)、地域理解力、外国語コミュニケーションスキルなど、沖縄・日本の文化を世界に向けて発信するための様々なスキルや感性を磨くことができます。また、「ことばのプロになろう!」を合言葉に、1年生から4年生まで、「読む・書く・話す」トレーニングを繰り返しながら、社会人・職業人、地球市民として自立し、活躍していくための豊かな教養、思考力、表現力、自己実現力を身につけることができます。

学科の特色

沖縄(琉球)と日本に伝わる文化を広く・深く学び、グローバル化する世界に向けて発信・表現するための知識・技能・感性を身につける!
  1. 沖縄・日本に根ざしたことば・文学・芸能の探究
  2. 徹底した個別指導とアクティブ・ラーニングによって、調べる・読む・批評する・書く・発表する力を育成する少人数ゼミ
  3. 「ライティングセンター」での文章表現のマンツーマン指導
  4. あらゆるビジネスシーンに対応できる言語運用能力・社会人基礎力・ITCの育成
  5. 定評と実績のある中学校・高校国語科教員の養成
  6. 国際化と多文化共生の時代に対応する日本語教員の養成
  7. 県内唯一の図書館情報学専門ゼミの設置・図書館専門職の養成

学びのポイント

図書館情報学・文化情報学はすべてのコースに関ります

あなたの将来の目標に合わせた充実のプログラム

琉球文化コース[ 琉球語学、琉球文学、琉球芸能 ]
琉球文学、琉球語学(沖縄の方言)、芸能論などを学ぶ多彩で専門的なコース。「ウチナーグチを話そう!」「島唄をうたおう!」を合い言葉に、琉球語会話の習得を目指す実践的な授業もあります。芸能分野で活躍している学生も在籍しています。

日本文化コース[ 日本語学、日本文学、日本の芸能・芸術、国語科教育 ]
近現代文学、古典文学、絵巻、神話、演劇、映画、アニメ・音楽といった表現作品の歴史や理論、ことばと教育との関わりなどを学びます。文学賞や放送関係の受賞者もたくさん送り出しています。

多文化間コミュニケーションコース[ 多文化理解、日本語教育]
グローバル時代にふさわしい文化の多様性とその発信方法を学ぶコース。地域文化を世界に向けて発信するためのI CTや情報整理能力、語学力、多文化社会を理解するために必要な解釈力など、幅広いコミュニケーション力を養います。

学生から見たOKIU

日本文化の学びと共に社会人基礎力を身につけられます!

日本文化学科 3年次 宜野湾高校出身 幸地 ルシア [こうち るしあ]

幸地 ルシア

日本文化学科は、日本の言語や文化だけでなく、社会人基礎力を身につけられる学科です。国語教員を目指す学生も多く、1年〜4年次の合同行事や勉強会などがあり、教員になるための指導力を身に付けることができます。他にも情報社会や、グローバル社会に合わせた講義もあります。私は、パソコンを扱うことが得意ではなかったのですが、入学後に情報関係の資格取得をすることができました。3年生になったら英語のコミュニケーション力を高める授業も受ける予定です。学外活動として、地域行事やボランティアに参加し、様々な世代の方と関わることで、充実した大学生活を過ごしています。皆さんも一緒に日文で学びませんか?

【2年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30 情報サービス論 図書館制度・経営論 日本語学概論 日本文学を読むU    
2 10:40〜12:10 ゼミナール入門 進路指導・生活指導 漢文学U 琉球語学概論 ジャパノロジーU 図書館情報技術論
3 13:00〜14:30     図書館文化論      
4 14:40〜16:10   日本文学概論     児童サービス論  
5 16:20〜17:50   国語科教育法T   日本語音声学    
6 18:00〜19:30     情報資源組織演習T      

日本文化学科教員

教授

兼本 敏 【中国語教育、(e-Learning )、中国語学(統語論、外来語・語彙の研究)対照言語学】
狩俣 恵一 【琉球文学、琉球芸能、民俗文学】
葛綿 正一 【日本古典文学、神話研究】
黒澤 亜里子 【日本近代現代文学、沖縄文学、クイア研究】
西岡 敏 【琉球語学、琉球文学、危機言語再生研究】
山口 真也 【図書館情報学、学校図書館研究】

准教授

下地 賀代子 【日本語および琉球語(特に南琉球)の文法論】
田場 裕規 【日本古典文学、万葉集研究、国語科教育学】
桃原 千英子 【国語科教育学、臨床教科教育学】
村上 陽子 【日本近現代文学、沖縄文学】

講師

奥山 貴之 【日本語教育、非母語話者の日本語による文学作品の研究】
吉田 肇吾 【図書館情報学、図書館政策、図書館経営、図書館建設、情報行動】

資格・卒業後の進路

取得可能な資格

所定の科目を履修することによって以下の免許や資格が取得できます。
  • 高等学校教諭一種免許(国語)
  • 中学校教諭一種免許(国語)
  • 日本語教員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 上級情報処理士
  • 博物館学芸員資格

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。
中学・高等学校国語教諭 日本語教員
公共図書館司書 学校司書・司書教諭
マスコミ 出版・印刷・書店業
流通産業 情報通信産業
観光業 公務員・公共サービス

主な就職先(2013年度〜2017年度卒業生)

卸・小売

イッセイミヤケ/沖縄パナソニック特機/オキジム/金秀商事/サンエー/すこやかホールディングス/スズキ自販沖縄/TDモバイル/ドラッグストアモリ/ファーストリテイリング/丸善ジュンク堂書店/宮脇書店/ヤマノホールディングス/リウボウストア/琉球ダイハツ販売/琉球日産自動車/琉球補聴器

サービス業

エアー沖縄/沖縄ワタベウェディング/ジャンボツアーズ/JAおきなわ/日本年金機構/フォーモストブルーシール/ブレンズほっともっと沖縄/碧/ホテルオリオンモトブ/リウボウインダストリー/リザンコーポレーション/リンガーハット/ロワジール・ホテルズ沖縄

金融・保険

沖縄海邦銀行/沖縄銀行/損害保険ジャパン日本興亜

運輸・郵便

ANA沖縄空港/佐川急便/JALスカイエアポート沖縄

通信・IT

FMぎのわん/沖縄セルラー電話/国際システム/コンピュータ沖縄

製造業

オキハム総合食品/ぐしけん

印刷・広告

近代美術/宣伝/丸正印刷

建設・不動産

大新住宅/タマキホーム/照正グループ

医療・福祉

中部徳洲会病院

教育

中学校教員

公務員

沖縄県学校事務/沖縄県学校図書館司書/那覇市図書館司書/海上保安庁/自衛隊/長野県警察/入国警備官/宮古島市役所

進学

沖縄国際大学大学院/鳴門教育大学大学院/琉球大学大学院

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2017年度卒業生については2018年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

図書館司書資格をいかし、書店で働いています。

城間 美咲

株式会社丸善ジュンク堂書店 那覇店
城間 美咲 [しろま みさき]
日本文化学科 2016年度卒業 豊見城高校出身

株式会社丸善ジュンク堂書店那覇店で児童書を担当しています。大学で学んでいた図書館司書の資格を活かすことができ、また書籍を通じて地域に貢献できる仕事に就きたいと思い、入社しました。時代のニーズにあった書籍の発掘や独自の売り場作りにやり甲斐を感じられる仕事です。
大学では図書館情報学ゼミを専攻していたため、利用者が求めている本を具体的に絞り込むための検索技術や接遇スキル、利用者心理にもとづく対応など、レファレンスサービスでの講義で経験したことを接客の中で活かすことが出来ています。
大学生活はあっという間に終わってしまいます。日本文化学科には将来につながる学びがたくさんつまっています。やりたいと思ったことは後悔がないようにどんどん挑戦して、将来に活かしてください。

カリキュラム紹介

日本文化学科では、日本文化、琉球文化、多文化間コミュニケーションにかかわる専門的な知識を習得し、豊かな教養、人間性を涵養することを目指したカリキュラムを用意しています。選べる科目・クラスは100種類以上あります。専門科目の他にも日本文化学科と関わりの深い教員免許科目、司書・司書教諭資格科目、日本語教師資格科目も受講できます。

卒業必要単位数

  • 共通科目 28単位以上
    ※英語4単位および、その他の外国語4単位を含む
  • 専門必修科目 28単位
  • 専門選択必修科目 18単位以上
  • 専門選択科目 26単位以上
  • 自由選択科目 24単位以上
  • 合計 124単位以上
  1年次 2年次
学びのステップ 1年次では、リメディアル科目やアクティブ・ラーニングを通して、大学生活に適応するためのアカデミックスキル(読む・書く・討論するスキル)や、琉球・日本文化、多文化間コミュニケーションの基礎を幅広く学びます。 2年次からは、琉球・日本文化を専門的に学びつつ、自己と多文化社会との関わりを探究します。また、必修科目での1年間のトレーニングを通して、「調べる・分析する・発表する」ためのスキルや語彙力・思考力を高めていきます。
専門必修科目 リテラシー入門T・U
日本文化論T・U
琉球文化論
文化情報処理入門
アカデミック・ライティング
ゼミナール入門
専門選択必修科目 日本語学入門
琉球語学入門
グローバルコミュニケーション論
日本芸能史※2
日本文学概論※2
日本語学概論※2
琉球芸能史※2
琉球文学概論※2
琉球語学概論※2
琉球文学を読むT・U
琉球語会話T・U
日本文学を読むT・U
日本語音声学
応用言語学
ジャパノロジーT・U
アジア太平洋文化論
比較文化論
専門選択科目 古典に親しむ※1
古典に学ぶ
日本語表現法演習T・U
日本近代文学史T・U
日本語文法基礎T・U
プロジェクト演習
ポップカルチャー論
図書館概論
図書館情報資源概論
文化テクスト論T・U
日本語文法論T
日本古典文学史
日本文学を読むV・W
漢文学T・U
現代沖縄文学論
図書館サービス概論
図書館文化論
児童文化論
日本の美術
国語科教育法T
日本文化 特別講義T・U
琉球文化特別講義
多文化間 コミュニケーション 特別講義

※1 選択科目では高校までの復習・苦手分野を早めに克服。文化の多様性・おもしろさを知る。
※2 沖縄・琉球、日本文化の基礎を知るための科目(2領域から2科目以上ずつ選択)。

  3年次 4年次
学びのステップ 3年次からは3つのコース(琉球文化コース・日本文化コース・多文化間コミュニケーションコース)のうち1つを選択し、専門的な研究をスタートさせます。研究室に所属し、グループ学習やフィールドワークなどを通して、学術研究のスキルを習得するとともに、キャリア研究を深め、将来の進路目標を決定します。 4年次では、アドバンスト科目や各種の実習科目を通して、これまで学んできた専門的な知識を社会とのつながりの中で活用する手立てを学びます。また、4年間の学びの集大成として、卒業論文を執筆、研究室ごとに卒業論文集を出版するとともに、進路を決定します。
専門必修科目 ゼミナールT・U ゼミナールV・W
卒業論文T・U
専門選択必修科目 琉球文学特講T・U
琉球語学特講T・U
現代文学理論T・U
日本語音声学特講
認知言語学
コミュニケーションスキルT・U
言語文化接触論T・U※3
 
専門選択科目 日本語文法論U
日本言語史T・U
地域社会情報論
多文化共生論
書写
書道実習
国語科教育法U
国語科教育法演習T
国語科教材研究T・U
インターンシップT・U
アカデミック・セミナー
図書館情報学特別演習T
文学実作演習
国語科教材研究演習T
比較文化演習
エリアスタディ演習
多文化体験実習
国語科教育法演習U
外国語コミュニケーション演習
国語科教材研究演習U
図書館情報学特別演習U※4

※3 科目数、クラス数の多さも日文の特徴の1つです。
※4 4年次になると、大学の外に出て活動するアドバンスト科目・プロジェクト科目が充実しています。

3コース共通 琉球文化コース 日本文化コース 多文化間コミュニケーションコース

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次「リテラシー入門T・U」 「読む、書く、討論する」トレーニングを繰り返しながら、日本語運用の基礎的能力をしっかりと身につけていきます。文章が苦手な人は、日本文化学科専用の「ライティングセンター」で、日本文化学科を卒業した大学院生や4年生から個別指導を受けることも可能です。『にちぶん羅針盤(こんぱす)』というブックガイドを配布し、ブックラリー形式で、楽しみながら読書に親しみ、読解力と専門知識を身につけることもできるようになっています。
また、「メンバーシップトレーニング」として定期的にレクリエーションも行っています。
2年次「アカデミック・ライティング」「ゼミナール入門」 前期(4月〜8月)は、卒業研究に向けての準備として、学術論文の書き方、文献批評の方法、アンケート調査やインタビュー調査などの社会調査法、パソコンを使ったデータ集計方法、論理的な分析方法などを学習し、仮説検証型の論文を夏休みの課題として仕上げます。司書課程の4年生の指導の下で、学術研究を進めるための文献収集法を学ぶ「レポートライティングサポート」を活用することもできます。後期(9月〜2月)は、優秀論文の発表会、専任教員によるゼミ紹介、研究室訪問などを通じて、3年次から専攻するゼミ・研究室・学問分野を選択していきます。
3年次「ゼミナールT・U」 2年次までに養った専門知識と研究手法を活用し、各自が自由にテーマを選び、それぞれの仮説・問題意識の下で、調査研究を行います。また、研究発表を通じて、プレゼンテーションとディスカッションのトレーニングを徹底して行います。研究室ごとに方言調査やフィールドワークに出かけたり、多文化への見識を広げるために県外・海外への調査旅行に行くこともあります。将来の進路決定のための各種ガイダンスの開催、インターンシップの参加、採用試験対策講座なども各研究室と連動して開催しています。
4年次「卒業論文T・U」 4年間の大学での学びの集大成として、各自がテーマを自由に設定し、1人あたり原稿用紙50枚以上に及ぶ卒業論文を執筆します。その成果を、研究室ごとに「卒業論文集」として出版し、県内外の図書館や研究機関に配布します。学術的に価値の高い卒業を執筆した学生を表彰する制度もあります。

授業紹介

日本語教育実習T

グローバルな視点とプレゼンテーション能力が身につきます。

親泊 碧美

この授業は日本語教師を目指す学生が受講する資格科目です。初級クラスを想定した模擬授業を行い、授業の作り方を学んでいきます。普段私たちは学習者の立場で授業を受けていますが、この授業を通して教える楽しさを体験できます。また日本語学習者は主に外国の方であるため、模擬授業を通してグローバルな視点やプレゼンテーション能力も身につけることができます。大学での学びが世界につながっていることを体感できる授業です。

【日本文化学科 4年次 宮古高校出身】親泊 碧美 [おやどまり たまみ]

文化テクスト論T

先入観にとらわれない文学を味わいませんか?

富永 彩香

皆さんご存知『銀河鉄道の夜』は、独特の宇宙観や生死や幸福についての思考の深み、そこはかとなく漂う悲しさから、きっと幻想的な小説だと思われるでしょう。しかし、他者を警戒し、二人きりの世界にいたいと願う少年らには少年同士の愛情の可能性をも否定できないのです。本講義では様々な日本近現代文学の作品を介して他者との関係性、ジェンダーなどの視点から価値観を見直し、改めて文学のたのしみ方を知ることができます。

【日本文化学科 3年次 浦添高校出身】富永 彩香 [とみなが あやか]

琉球芸能史

琉球芸能の魅力をより身近に!

知花 令磨

沖縄の芸能界で活躍する宮城茂雄先生が担当するこの授業は、実際に先生の楽器の演奏を聴き、衣装を着たり、映像を観るなど実践的で、実演家の先生ならではの授業です。琉球芸能の表現法や、歴史背景も楽しく学べます。学生からも人気の宮城先生が「芸能ジョーク」を交える楽しい授業で、琉球芸能に関わりがある方はもちろん、芸能にあまり興味がない方も琉球・沖縄に興味を持ち、琉球芸能の魅力をより身近に感じられると思います。

【日本文化学科 3年次 読谷高校出身】知花 令磨 [ちばな りょうま]

プロジェクト演習

舞台づくりを通して仲間との絆を!

嘉手苅 樹

「民話劇・鬼慶良間」を11月の大学祭で上演するための授業です。入学当初から半年以上かけて1年生全員が力を合わせて取り組みます。私は主役の鬼慶良間を演じました。不安もありましたが、先輩方から25年以上も引き継いできた鬼慶良間を成功させたい!という気持ちが強かったです。舞台づくりを通して1年生同士の絆も深まりました。幕が上がる前の緊張感と終わった瞬間の達成感を後輩の皆さんにも味わってほしいです。チバリヨー!

【日本文化学科 2年次 知念高校出身】嘉手苅 樹 [かでかる たつる]

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る