現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 日本文化学科

総合文化学部 | 日本文化学科

沖縄(琉球)・日本文化を再発見し、世界に向けて発信する!

日本文化学科では、「ことば」「文学」「芸能」など、沖縄と日本の文化を幅広く学ぶとともに、グローバル化する現代の中で、ICT(情報通信技術)、地域理解力、外国語コミュニケーションスキルなど、沖縄・日本の文化を世界に向けて発信するための様々なスキルや感性を磨くことができます。また、「ことばのプロになろう!」を合言葉に、1年生から4年生まで、「読む・書く・話す」トレーニングを繰り返しながら、社会人・職業人、地球市民として自立し、活躍していくための豊かな教養、思考力、表現力、自己実現力を身につけることができます。

学科の特色

沖縄(琉球)と日本に伝わる文化を広く・深く学び、グローバル化する世界に向けて発信するための知識・技能・感性を身につける!
  1. 沖縄・日本に根ざしたことば・文学・芸能の探究
  2. 徹底した個別指導とアクティブ・ラーニングによって、調べる・読む・批評する・書く・発表する力を育成する少人数ゼミ
  3. 「ライティングセンター」での文章表現のマンツーマン指導
  4. あらゆるビジネスシーンに対応できる言語運用能力・社会人基礎力の育成
  5. 定評と実績のある中学校・高校国語科教員の養成
  6. 国際化と多文化共生の時代に対応する日本語教員の養成
  7. 県内唯一の図書館学専門ゼミの設置・図書館専門職の養成

学びのポイント

あなたの将来の目標に合わせた充実のプログラム
  • 琉球文化コース[琉球語学、琉球文学、琉球芸能]
    琉球文学、琉球語学(沖縄の方言)、芸能論などを学ぶ多彩で専門的なコース。「ウチナーグチを話そう!」「島唄をうたおう!」を合い言葉に、琉球語会話の習得を目指す実践的な授業もあります。芸能分野で活躍している学生も在籍しています。
  • 日本文化コース[日本語学、日本文学、日本の芸能・芸術、国語教育]
    近現代文学、古典文学、絵巻、神話、演劇、映画、アニメ音楽といった表現作品の歴史や理論、ことばと教育との関わりなどを学びます。文学賞や放送関係の受賞者もたくさん送り出しています。
  • 多文化間コミュニケーションコース[多文化理解、日本語教育]
    グローバル時代にふさわしい文化の多様性とその発信方法を学ぶコース。地域文化を世界に向けて発信するためのITや情報整理能力、語学力、多文化社会を理解するために必要な解釈力など、幅広いコミュニケーション力を養います。

学生から見たOKIU

一緒うみ励まてぃ勉強さびら!

日本文化学科 3年次 コザ高校出身 赤嶺 龍風 [あかみね りゅうぶ]

赤嶺 龍風

“宝玉やてぃん 磨かにば錆す 朝夕肝磨ち 浮世渡ら” ーー才能や能力を持っている人でも、それを磨かなければ錆てしまう。だからこそ毎日磨いて広い世の中を歩んでいこう。沖縄の先人たちが残してきた琉歌です。日本文化学科は、私たちの言葉、文化などを専門的に学ぶ場です。私は沖縄の言葉に興味を持ちこの学科に進みました。ここでの学びをどう社会に結び付けられるのかということを考えながら大学生活を送っています。私たちの足元の文化、歴史、言葉というものを知り、日本文化、沖縄文化の素晴らしさに気づき、進んで自身のアイデンティティを学んでほしいと心から強く思います。一緒うみ励まてぃ勉強さびら!

【2年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30     日本語学概論 日本文学を読むU    
2 10:40〜12:10 ゼミナール入門 琉球文学を読むU 日本文学を読むW 琉球語学概論    
3 13:00〜14:30   進路指導・生活指導 道徳教育の研究 琉球芸能史 漢文学U  
4 14:40〜16:10 現代沖縄文学論 日本文学概論   教育課程・教育方法    
5 16:20〜17:50   国語科教育法T        
6 18:00〜19:30            

日本文化学科教員

教授

兼本 敏 【中国語学、比較文化研究、対照言語学】
狩俣 恵一 【琉球文学、琉球芸能、民話・民謡研究】
葛綿 正一 【日本古典文学、神話研究】
黒澤 亜里子 【日本近代現代文学、沖縄文学、クイア研究】
西岡 敏 【琉球語学、琉球文学、危機言語再生研究】
山口 真也 【学校図書館研究、表現の自由・ポリティカルコレクトネス研究】

准教授

下地 賀代子 【日本語学、南琉球の言語の研究】
田場 裕規 【日本古典文学、万葉集研究、国語科教育】
桃原 千英子 【国語科教育、臨床教科教育】

講師

村上 陽子 【日本近現代文学、沖縄文学】
吉田 肇吾 【公立図書館研究】

資格・卒業後の進路

取得可能な資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。
  • 高等学校教諭一種免許(国語)
  • 中学校教諭一種免許(国語)
  • 日本語教員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 上級情報処理士N
  • 博物館学芸員資格

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。
中学・高等学校国語教師 日本語教員
公共図書館司書 学校司書・司書教諭
マスコミ 出版・印刷・書店業
流通産業 観光業
公務員・公共サービス  

主な就職先(2012年度〜2016年度卒業生)

卸・小売

東江メガネ/イッセイミヤケ/イオン琉球/沖縄パナソニック特機/沖縄ホンダ/オキジム/サンエー/すこやかホールディングス/スズキ自販沖縄/TDモバイル/ドラッグストアモリ/ファーストリテイリング/ファイブフォックス/フォーモストブルーシール/ベイブルック/丸善ジュンク堂書店/宮脇書店/ヤマノホールディングス/琉球ダイハツ販売/琉球日産自動車/琉球補聴器

サービス業

沖縄ワタベウェディング/光貴/サンレー/ジャンボツアーズ/JAおきなわ/日本年金機構/ブレンズほっともっと沖縄/碧/ホテルオリオンモトブ/リウボウインダストリー/リザンコーポレーション/リンガーハット/ロワジール・ホテルズ沖縄

金融・保険

沖縄海邦銀行/沖縄銀行/損害保険ジャパン日本興亜/日本レコードキーピングネットワーク

運輸・郵便

ANA沖縄空港株式会社/佐川急便/JALスカイエアポート沖縄株式会社

通信・IT

沖縄セルラー電話/カルク/コンピュータ沖縄/沖縄エジソン/琉球ソフトウェア

製造業

オキハム総合食品/ぐしけん

印刷・広告

旭堂/近代美術/宣伝/丸正印刷

建設・不動産

照正興産/町田機工

医療・福祉

中部徳洲会病院/ベネッセスタイルケア

教育

中学校国語科教員/高等学校国語科教員/那覇日経ビジネス

公務員

入国警備官/宮古島市役所/沖縄県立高等学校司書/うるま市立小中学校司書/宮古島市立図書館司書

進学

沖縄国際大学大学院/鳴門教育大学大学院/琉球大学大学院

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2016年度卒業生については2017年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

人とのコミュニケーションを大切にしています

新垣 美咲

株式会社サンエー
新垣 美咲 [あらかき みさき]
日本文化学科 2013年度卒業 コザ高校出身

株式会社サンエーで食品フロアのチーフを任されています。人とのコミュニケーションを大切に出来る仕事に就きたいと入社しました。お客様とのコミュニケーションを通して安心・安全・信頼を提供できる楽しさ、職場の仲間と一緒に会社を作っていくことへのやりがいを感じながら楽しく働いています。
在学中は琉球方言学を専攻するだけでなく、日本語教師の資格も取得し、多様な言語コミュニケーションのあり方を研究しました。一人ひとりのやりたいことを自由に研究できるのも本学科の魅力です。
4年間で出会った先生や友人は今でも大切な存在です。一緒に苦労を乗り越えてきた仲間の存在が私の原動力です。皆さんの大学生活が、有意義でかけがえのないものになることを願っています。

カリキュラム紹介

日本文化学科では、日本文化、琉球文化、多文化間コミュニケーションにかかわる専門的な知識を習得し、豊かな教養、人間性を涵養することを目指したカリキュラムを用意しています。選べる科目・クラスは100種類以上あります。この他にも日本文化学科と関わりの深い教員免許科目、司書・司書教諭資格科目、日本語教師資格科目も受講できます。

卒業必要単位数

  • 共通科目※英語4単位および、その他の外国語4単位を含む
    28単位以上
  • 専門必修科目
    28単位
  • 専門選択必修科目
    18単位以上
  • 専門選択科目
    26単位以上
  • 自由選択科目
    24単位以上
  • 合計
    124単位以上
  1年次 2年次
学びのステップ 1年次では、リメディアル科目やアクティブ・ラーニングを通して、大学生活に適応するためのアカデミックスキル(読む・書く・討論するスキル) や、琉球・日本文化、コミュニケーションの基礎を幅広く学びます。 2年次からは、琉球・日本文化を専門的に学びつつ、多文化社会との関わりを考えます。また、1年間のトレーニングを通して、「調べる・分析する・発表する」ための思考力を高めていきます。
専門必修科目 リテラシー入門T・U
日本文化論T・U
琉球文化論
文化情報処理入門
アカデミック・ライティング
ゼミナール入門
専門選択必修科目 日本語学入門
琉球語学入門
■グローバルコミュニケーション論
日本芸能史※2
日本文学概論※2
日本語学概論※2
琉球芸能史※2
琉球文学概論※2
琉球語学概論※2
琉球文学を読むT・U
琉球語会話T・U
日本文学を読むT・U
日本語音声学
応用言語学
■ジャパノロジーT・U
■アジア太平洋文化論
■比較文化論
専門選択科目 古典に親しむ※1
古典に学ぶ
日本語表現法演習T・U
日本近代文学史T・U
日本語文法基礎T・U
プロジェクト演習
ポップカルチャー論
図書館概論
図書館情報資源概論
文化テクスト論T・U
日本語文法論T
日本古典文学史
日本文学を読むV・W
漢文学T・U
現代沖縄文学論
図書館サービス概論
図書館文化論
児童文化論
日本の美術
国語科教育法T
日本文化 特別講義T・U
琉球文化特別講義
多文化間 コミュニケーション 特別講義

※1 選択科目では高校までの復習・苦手分野を早めに克服。文化の多様性・おもしろさを知る。
※2 沖縄・琉球、日本文化の基礎を知るための科目(2領域から2科目以上ずつ選択)。

  3年次 4年次
学びのステップ 3年次からは3つのコースのうち1つを選択し、専門的な研究をスタートさせます。ゼミに所属し、グループ学習やフィールドワークなどを通して、研究スキルを習得するとともに、キャリア研究を深め、将来の進路目標を決定します。 4年次では、アドバンスト科目や各種の実習科目を通して、これまで学んできた専門的な知識を社会とのつながりの中で活用する手立てを学びます。また、4年間の学びの集大成として、卒業論文を執筆、卒業論文集を出版するとともに、進路を決定します。
専門必修科目 ゼミナールT・U ゼミナールV・W
卒業論文T・U
専門選択必修科目 琉球文学特講T・U
琉球語学特講T・U
現代文学理論T・U
日本語音声学特講
認知言語学
■コミュニケーションスキルT・U
■言語文化接触論T・U※3
 
専門選択科目 日本語文法論U
日本言語史T・U
地域社会情報論
多文化共生論
書写
書道実習
国語科教育法U
国語科教育法演習T
国語科教材研究T・U
インターンシップT・U
アカデミック・セミナー
図書館情報学特別演習T
文学実作演習
国語科教材研究演習T
比較文化演習
エリアスタディ演習
多文化体験実習
国語科教育法演習U
外国語コミュニケーション演習
国語科教材研究演習U
図書館情報学特別演習U※4

※3 科目数、クラス数の多さも日文の特徴の1つです。
※4 4年次になると、大学の外に出て活動するアドバンスト科目・プロジェクト科目が充実しています。

3コース共通 琉球文化コース 日本文化コース ■多文化間コミュニケーションコース

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次「リテラシー入門T・U」 「読む、書く、討論する」トレーニングを繰り返しながら、日本語運用の基礎的能力をしっかりと身につけていきます。文章が苦手な人は、学内の「ライティングセンター」で、日本文化学科を卒業した大学院生から個別指導を受けることも可能です。『にちぶん羅針盤(こんぱす)』というブックガイドを配布し、ブックラリー形式で、楽しみながら読書に親しみ、読解力と専門知識を身につけることもできるようになっています。また、「メンバーシップトレーニング」として定期的にレクリエーションも行っています。
2年次「アカデミック・ライティング」「ゼミナール入門」 前期(4月〜8月)は、卒業研究に向けての準備として、学術論文の書き方、文献批評の方法、アンケート調査やインタビュー調査などの社会調査法、パソコンを使ったデータ集計方法、論理的な分析方法などを学習し、仮説検証型の論文を夏休みの課題として仕上げます。後期(9月〜2月)は、優秀論文の発表会、専任教員によるゼミ紹介、研究室訪問などを通じて、3年次から専攻するゼミ・学問分野を選択していきます。
3年次「ゼミナールT・U」 2年次までに養った専門知識と研究手法を活用し、各自が自由にテーマを選び、それぞれの仮説・問題意識の下で、調査研究を行います。また、研究発表を通じて、プレゼンテーションとディスカッションのトレーニングを徹底して行います。多文化への見識を広めるため、ゼミごとに県外・海外へ調査旅行に行くこともあります。
4年次「卒業論文T・U」 4年間の大学での学びの集大成として、各自がテーマを自由に設定し、1人あたり原稿用紙50枚以上に及ぶ卒業論文を執筆します。その成果を、ゼミナールごとに「卒業論文集」として出版します。

授業紹介

日本語教授法演習T

外国人との交流を通して日本語教育の基礎を楽しく学べる!

山川 古都乃

資格科目「日本語教授法演習T」では、外国人(日本語学習者)への日本語指導のために必要な基礎知識や教授法を学びます。実際に教材を作成して発表し、意見を出し合いみんなで考えるので楽しく学習できます。日本語学習者と接する機会もあります。他国の文化や日本語教育の歴史も同時に学べ、新たな発見がたくさんあります。「私も早く教壇に立ちたい!」と思えるような、ワクワクや楽しみがいっぱいの講義です。

【日本文化学科 4年次 那覇高校出身】山川 古都乃 [やまかわ ことの]

日本文学を読むW

近代文学の深みを堪能しませんか?

玉城 力丸

日本文化学科には、夏目漱石の『こゝろ』や森鴎外の『舞姫』など、日本の近現代作品をテキストとした授業がいくつかありますが、この「日本文学を読むW」では、特に「ジェンダー〈社会的、文化的な性差〉」の視点で読むことによって、作品成立当時の、歴史的背景や人間味溢れる恋愛観など、様々なことを知ることができます。近代文学の深みを堪能したい方におすすめの授業です。

【日本文化学科 3年次 糸満高校出身】玉城 力丸 [たましろ りきまる]

プロジェクト演習

1年生全員で取り組む舞台「鬼慶良間」

長間 龍駿

この講義では、1年生全員が役者、裏方それぞれの担当に分かれ、大学祭で上演する舞台「鬼慶良間」を創り上げていきます。受講生同士がチームとしてまとまっていく楽しさや充実感を実感できます。同じ目標に向かって100人以上の仲間が協力する主体的な講義です。最初はバラバラだった気持ちが一つになり、舞台が成功した時の満足感や充実感は他では味わうことが出来ません。本気で取り組んだからこそ味わえるものがあります。

【日本文化学科 2年次 普天間高校出身】長間 龍駿 [ながま きみとし]

国語科教育法T

国語の先生ってなにを教えているの?

金武 由希乃

「国語科教育法T」は国語教師を目指す学生が受講します。この講義では、国語の授業に必要な知識を学びます。講義をすすめていく中で、私たちが受けていた国語の授業がどういう工夫の下、生徒に何を学んでほしかったのかなどが見えて来ます。同じ夢を持った学友や気さくな先生と意見を交換し、学びを深められるところも、教師を目指す私にとって、とても有意義です。この講義を通してますます国語の先生になりたい気持ちが強まりました。

【日本文化学科 3年次 普天間高校出身】金武 由希乃 [きん ゆきの]

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る