文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年5月]レンヌ第二大学(フランス) 西表さん 総合文化学部社会文化学科

レンヌ第2大学(フランス)
最後のレンヌ第二大学

Bonjour, tout le monde! こんにちは、皆さん。今月で最後の学校生活となりました。本当にあっという間のフランス生活でした。特にバカンスが日本の比ではないくらい長く、学校生活がいかに貴重であったのか、終わった後に改めて理解しました。最後の月はとにかくテストがあり、日本語でも難しそうな小論文やフランスの教育・宗教・政治・地方自治についてのテストや、小論文、そして別のテストでも小論文……といったように、とにかく書くことが多くなりました。結構書けた!と思っても類義語を増やし、より難しい表現や単語で置き換えることを要求されるため、満点に近い点数は取れませんでした。

フランスに来て9ヶ月が経ちますが、ようやくフランス語で話すことにストレスを感じなくなり、むしろとても楽しく、次はどんなことを意識してフランス語の会話に気をつけよう、と考えています。もうフランスでの生活は終わり、沖縄に帰ったらなかなかレンヌにいる時のようにフランス語で溢れている、といったような生活環境をしばらくはそうそう味わえないので、寂しいです。やっと少し慣れてきた頃に帰国。あと1年くらい留学したかったなと思います。

最後の授業の日に、歌・ダンス・ミュージカル・バンド・映画制作・ラジオ番組制作の部活動の発表会を見にいってきました。同じ講義をとっていた友達が多く参加していたので、発表会後の小さなパーティーでは、すごかったね!とその時の話題で持ちきりでした。その後は深夜1時からCIREFEのパーティーがあったので、最後だからと行ってみると、DJがいて、バーカウンターがあって会話が聞こえない程の大音量でずっと音楽がかかっていて、そこはディスコでした。人生で初めてディスコに来ました。最初は完全に怖気づいていたのですが、去年・今年のクラスメイトや友達がたくさん来たので、先生方も一緒に楽しめました。最後に楽しみながら皆に別れを言えてよかったです。

バカンスに入り、早速スペインに旅行しました。去年沖国に来ていたレオン大学の子のところにお世話になり、とても楽しい時間を過ごせました。レオンは本当に最高な街で、食・環境も最高で、人々も優しくて絶対にまた来ると心に誓いました。スペイン語も少しずつ勉強していきたいと思います。

留学する前に比べ、語学は勿論のこと、身の回りのことを全て自分でやるようになれてこと、また、自由な時間が本当に多いことで自己分析や自分の将来について考えることができたというのが、非常に大きい収穫でした。ここでは、皆が初めて出会う人で当然最初はそれぞれの過去を知らなくて、様々なバックグラウンドを持った皆が同じ学生で、平等で、自由で。そんな環境は初めてでした。だからこそ、自分の本質的な性格とかが出てきやすく、自分を知る上で非常に面白い環境だとも思います。本当に多くの人にお世話になりました。本当に留学に来られてよかったと思います。

来月は成績開示があります。もし合格したらB2の語学認定証がもらえ、フランスの大学に正式に入学できるチャンスがあるかも!という期待を少ししながら、ドキドキしながら待つことにします。