文字サイズ

マンスリー留学体験記バナー

最新ブログ一覧(デスクトップ版)

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2021年8月】嘉泉大学(韓国)平良さん 産業情報学部企業システム学科

嘉泉大学校(韓国)
思い出の八月!

八月に入り、後期開始まで約1カ月が残りました。相変わらず韓国では例年よりも暑い日が続く中、私は9日に誕生日を迎えました。家族のいない他国で過ごす誕生日は慣れず、どこか不思議な感じがしました。ですが、昼には韓国人の友達がケーキをもって来てお祝いしてくれ、夜には徳元さんがサプライズでお祝いしてくれました!韓国での誕生日に欠かせないわかめスープも食べることができ、ろうそくの火を消す前には心の中でお願いをしました。韓国では、妊娠中に母体の健康のために昔から栄養の高いわかめスープを飲むことから、お母さんに感謝をする意味合いとして誕生日にわかめスープを飲む文化があるそうです。また、ケーキのろうそくを消す前にするお願いは口に出すと叶わないと言われているそうで、自分だけの秘密だそうです!誕生日を迎えても年を取らないところも、誕生日だけでいろんな文化を感じることができて留学先での楽しい誕生日になりました。

そして、待ちに待った釜山!
徳元さんと国内線の飛行機に乗って六日間釜山に行ってきました。KTXに乗ればソウルから片道二時間かかる釜山ですが、コロナウイルスの影響で航空便が安く、私たちは今回飛行機で1時間かけて行ってきました。釜山に到着してから初めて感じたことは、地下鉄の本数が少なくとても簡単に乗り換えなどが行えること、車内がソウルに比べて狭く、利用する人の数もソウルに比べればだいぶ少ないということです。やはりソウル、京義道が首都圏の都市だということが実感させられたのと同時に釜山は住みやすそうだなと思いました。釜山の観光地で有名な海雲台、広安里の海を見ると沖縄の海を少しだけ思い出しました。釜山もソウル、京義道に続きコロナへの警戒対策が4段階に上がり、6時以降2人以上で出歩けない状況のため、普段ならたくさんの人であふれかえるという釜山の海も静かに二人で楽しむことができました。海雲台では夜の海沿いを散歩したり、帰りには夜市場に行って食べ歩きをしたり、ソウルではできないことができました。またケーブルカーに乗って海を眺めながら移動したり、たくさん写真を撮って回りました!
釜慶大学に行っている天願さんと合流して、それぞれの留学生活を共有しながらカフェ通りをまわって、宿に戻ってからは大田にいる當銘さんとテレビ電話を繋いで四人で久しぶりに話すことができて、つのる話をたくさんすることができました。コロナウイルスのせいで国内の行き来も度々行うことができず、集まることが難しい状況ですがこうして少しの時間でも、一緒に共有する時間ができてとても心強い留学仲間だと感じました。

私は天願さんと、ドラマ、サムマイ・ウェイの撮影地に行って実際のドラマのシーンを真似て写真を撮って周りました!実際にドラマの撮影地に行くのは初めてでしたが、韓国にいるという実感が改めて湧いてきてとても不思議な気分がしました。また釜慶大学に連れて行ってもらい、大学周辺や中を散歩した後に、釜山のソウルフードで有名なテジクッパを一緒に食べました!テジクッパは豚の骨をを煮込んで作ったスープに茹で豚肉を入れて食べる料理で、値段も7000ウォン前後でお手頃ですがとても美味しかったです!
他にも海鮮料理でも有名な釜山で、徳元さんと海沿いで刺身を食べたり、食べ物でも釜山を楽しむことができました。
おもちゃのお家が集まった様な감천문화마울(甘川文化村)は、絶対に一度は行ってみたい場所で、実際に行くことができて、私の中では釜山にきたと言う実感が1番沸く場所でした!

来月からは後期がスタートし学校が始まりますが、たくさん思い出に残る8月を過ごせたことをモチベーションにして、また新しい気持ちで切り替えて勉強に取り組みたいと思います!