文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年1月]韓南大学(韓国) 親泊さん 総合文化学部英米言語文化学科

韓南大学校(韓国)
韓国留学中の年末の過ごし方

相変わらず寒さの厳しい韓国ですが、年が明けてからは私の住んでいるテジョンでは新年になってからはまだ雪を観測していません。日中は10度前後と少し暖かいのですが、日が落ち夜になると氷点下に急激に寒くなります。とても寒い為、夜の外出はなるべく避け、寮で暖かくすごしています。
年末は、12月の中旬からやっていた、韓国の友人に日本語を教えることと、自身の卒業論文の情報集めに重点を置いて生活していました。その友人は1月に試験を控えていた為、できるだけしっかりとした日本語を教えてあげたいと思い、パワーポイントを作成したり、単語テストを作ってみたりと色んな工夫をしてみました。会話は元々上手だったのですが、勉強の為に私と話す時はなるべく日本語で話すようにしたり日常的にもサポートできたのではないかと思います。試験の結果はまだ出ていませんが、いい結果がでたらいいなと思います。
また、年末には3月から一緒に留学生活を送ってきた日本人の留学生が留学を終え帰国しました。今回の留学で知り合い、とても仲良くなった友人のうちの一人だったので、とても寂しかったです。また会う機会があればいいなと思います。
 生活では、語学堂で同じクラスで仲のいい、ベトナム人の友人と一緒にご飯を食べに行きました。この友人は春から大学の入学を控えている為、入学の準備で忙しそうだったのですが、帰国前に一緒にご飯を食べることができて良かったです。年下の友人ですが、私よりもしっかりしているお姉さんのようなところもあれば、困ったときには、私に相談してくれる妹のようなところもあり、気を遣わずに過ごせる数少ない友人の一人です。また、この友人を通して、あまり知らなかったベトナムの文化や習慣を学ぶことができました。その分、日本についても沖縄についても沢山教えてあげました。このことを通して、改めて異文化交流はとても楽しいと思いました。留学を終えても、ずっと交流していきたいと思います。
 また年末には、第二次世界大戦後すぐの韓国が舞台となっている映画も見に行きました。好きな俳優さんが出演している映画だったので見に行ったのですが、作中に「沖縄」という単語がいくつか出ていて、個人的にとても勉強になった映画でした。終戦後の韓国は、歴史の授業でも詳しくは習わないので、韓国から見たアメリカ、日本、沖縄などがはっきりと描かれており、ぜひ、日本の方にも見てほしい作品でした。
 2月の中旬には帰国する予定なので、悔いのない留学にするためやりたいことにはどんどん挑戦していこうと思います。