文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年8月]韓南大学(韓国) 仲村さん 総合文化学部日本文化学科

韓南大学校(韓国)
夏休みです

八月に入り韓国も本格的に夏になりました。気温は沖縄よりも高い日が続く事も多々あります。また風がないため体感気温も沖縄より高く感じますが、雨が降ると沖縄のように湿度が高くなるわけではなく温度自体が急激に下がってしまう為、昼と夜の温度差が激しいです。また、韓国は日本よりもクーラーの温度設定が低い(22度とか)のでカフェなどに行く際には上着を持っていかないと寒すぎて死にそうになります。

夏学期の語学堂も修了式の日に近づいてきました。先生方は時間がなかったようで、修了式前日までテストを行い成績もギリギリに出していました。凄く大変そうでした。私は高級のクラスだったので修了することができるか不安でしたが、無事夏学期を修了することができました。私たち交換留学生は春秋学期だけ奨学金を受け取ることができませんが、夏冬は奨学金をもらうことができます。なので、正直奨学金は欲しかったですがやはり高級クラスなので簡単にはとらせてもらえませんでした。もっと頑張ればよかったと後悔しました。ちなみにクラスで、一位二位は日本人がとりました。やはり日本人は強いです。私が見た感じ、日本人は真面目に授業に取り組んだり、提出物を出したりするので成績上位者であることが多いです。日本にいる時は提出物の提出や、授業中の態度が真面目である事は当たり前だという風に思っていましたが、いざ海外にでてみると日本人の勤勉さがひしひしと伝わってきます。

語学堂が完全に終了すると私たちが、ずっと待っていた夏休みがやってきました。学校がある時よりもゆっくりと生活する事が出来て、幸せでした。そして、時間的な余裕も出来るため、よく外に出かけてご飯をゆっくり食べたり散歩したりしていました。私が夏休み中よく行った場所はウネンドンというところです。ウネンドンはテジョンの中でも一番洋服の価格が安く、種類も豊富な場所です。そのため服が欲しい!と思ったら大体の人がウネンドンに行って買います。ですが、ウネンドンは学校周りの食堂と比べると値段が高い食堂が多いので、ウネンドンの食堂はお勧めしません。そのため私たちはウネンドンでは食べず、他のところでたべてウネンドンにいくケースが多いです。写真は、ウネンドンで友達とご飯を食べた時の写真です。値段は少しはりましたが芋ピザが本当に美味しかったです。また、大学から一時間ほど行ったところには飲み屋や、クラブで有名なトゥンサンドンがあります。距離が遠いので最近はいきませんが、夜にお酒のみたいなと思った時に、トゥンサンドンで飲んだりしていました。でも最近は、寮が変わり門限もあるため夜から遠い所には行けません。八月は、夏休みがあったおかげで気持ち的にも、時間的にもゆとりのある生活を送ることができました。9月から新学期がはじまるので気を引き締めて頑張っていきたいと思います。