文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2019年9月】釜慶大学(韓国)仲村さん 総合文化学部英米言語文化学科

釜慶大学校(韓国)
涼しい季節になりました

みなさん!アンニョンハセヨ〜!釜慶大学交換留学生の仲村です。韓国は10月になり涼しい季節になってきました。朝と昼の温度差が、かなり違うため、体調管理もしっかり行っていきたいと思います。今回は私が9月に行ったことと日本から韓国に持っていったほうがいいものについて話したいと思います。

韓国は9月12日から14日まで秋夕(チュソク)という韓国のお盆がありました。この日は韓国最大の休日で、ほとんどの人が故郷に帰って、親戚同士で集まり墓参りや祭礼のための料理を作ったりして過ごすのだそうです。休日が4日連続であったため、私は仲のいい日本人の友だちとソウル旅行に行って来ることにしました。秋夕の日は多くのお店が休業であったりするため、細かく計画を練っていきました。また、交通渋滞もするので予めバスのチケットや、KTXのチケットは予約することをおすすめします。念願のロッテワールドや漢江、カロスキルなども行けて大満足の旅行でした。また、釜慶大学にはi-friendというドウミのような制度があるのですが、その中で趣味が会う人同士で集まるi-hobbyの猫カフェと甘村文化村の観光の方に参加しました。私はそこで、新たな出会いを求めて一人で参加してみたところ、韓国、中国、カナダ、ロシア、ドイツの方とお友達になることができました。また、韓国の猫は日本のねこよりクールだなという印象を受けました(笑)国によっても猫の性格に違いが出るのかもしれません。また、甘村文化村では、フランスの貴婦人たちが着るような服をきて友達と一緒に沢山の写真を撮りました。坂が多くてとても大変でしたが、友達と一緒に楽しい時間を過ごせたのでとても幸せでした。また、韓国文化体験という授業の中で、韓国の伝統芸能であるサムルノリを体験したり、釜山映画祭体験博物館にいってアフレコ体験やVR体験、韓国の映画の歴史について学びました。語学堂の文化体験で統営(トンヨン)という場所に行ってきました。そこで私達はロープウェイに乗ったり山登りをしたりしました。自然がとてもきれいで、とてもいい場所でした。

次は、私が日本から韓国に持っていってほうがいいと思ったものを紹介します。まず、1つ目はポケットティッシュ(水に流せるもの)です。韓国には日本のポケットティッシュのようにコンパクトな持ち運びティッシュは売っていません。そのうえ韓国にはトイレットペーパーが存在しないトイレもあるので水に流せるティッシュは必須アイテムだと思います。2つ目は、シャンプーとリンスです。シャンプー・リンスに特にこだわりのない私でしたが、韓国に来て、ものすごく髪が痛みました。しかし、留学に来る際にものすごく幅をとってしまうので、持ってきたくないなと思う方は「ミジャンセン」というブランドのシャンプーをおすすめします。3つめは日本製の文房具です。私は普段消せるボールペンや詰替え用のボールペンを愛用しているのですが韓国では、価格が日本の二倍です。そのため普段愛用している日本製品の文房具などがあれば日本から持ってきたほうがいいと思いました。ルーズリーフなども韓国に売っていないため愛用しているかたは買ってきたほうがいいです。

9月は個人的にも充実した1ヶ月になりました。残り僅かな留学生活ですが、勉強も遊びも全力で頑張って行きたいです!