文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2018年12月]東海大学(台湾) 川満さん 法学部法律学科

東海大学(台湾)
授業で中国語でインタビューをするという課題に取り組みました

 こんにちは、東海大学に留学中の川満優斗です。気が付けば12月分のレポートを書く時期になり、時間が過ぎる早さを改めて実感しました。残された時間内で、まだやっていない事に挑戦して悔いの残らないようにしたいです。

 今月はレポート2つの提出と発表があり、留学期間の中で一番プレッシャーがかかっていた期間だったと思います。レポートは「授業で学んだこと」「見ず知らずの人にインタビューをして、その人の考え方を授業の内容に照らして分析する」という2つのテーマでした。「授業で学んだこと」はあまり苦労せずに書くことができましたが「見ず知らずの人にインタビューをして、その人の考え方を授業の内容に照らして分析する」という課題は、書くのがとても大変でした。このレポートを書くためには、まず、対象の人に中国語でインタビューをしなければなりません。そして、相手の答えを聞き取り、授業内容に照らし合わせて纏めます。東海大学に来てから私の中国語力は来る前と比べて進歩したと思います。しかし、まだまだネイティブと対等にペラペラと話せるというレベルには達していないので、このインタビューに苦労しました。しかし、最終的には書き終えて提出することが出来たので達成感がありました。

 12月の東海大学はクリスマスに向けて、各学科での舞踏会や教会の合唱団の演奏会などの活動が開催されていたり、構内の色々な場所がライトアップされたりしていました。そして、24日には教会前の広場でプロの歌手を招いてのコンサートが開催されました。このコンサートは無料で、誰でも観ることができ、周りには露店も出てとても賑やかでした。コンサート終了後、クリスマスのカウントダウンがあり、鐘を100回鳴らし、皆で数えてクリスマスになった時に友達同士で聖誕節快樂!と言い合ったり、写真を撮ったりして楽しみました。

 そして、クリスマスの活動と同じ日に華語中心の中国語測定試験がありました。この試験は台湾に来た2月にも受けたものと同じような問題なので、自分の中国語力がどれだけ伸びたのかを知ることが出来ます。2月受けたテストの点数は40点くらいでしたが、今回は90点を超えました。こんなに高い点数が取れているとは思ってもいなかったので、とても嬉しかったです。また、今回のテストで自分の苦手な部分が分かったので、この苦手を克服するために、更に頑張ろうと思います。