文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2018年12月]レンヌ第二大学(フランス) 福島さん 経済学部地域環境政策学科

レンヌ第2大学(フランス)
語学学校前期終了とノエル(クリスマス)

 12月に入り、ついにやって来た期末試験、しかしその前の週になんと学校がフランス政府の大学授業料値上げの講義のために閉鎖されてしまったりと、スムーズには行きませんでした。前回の留学生から4-5月の間学校が閉鎖され、その間別の場所で授業を行っていたと聞いておりましたが、私もそのような場に直面するとは思ってもいませんでした。12月以降ジレジョン(黄色いベスト)の抗議も続き続けており、フランスではデモや抗議が非常に活発なのだと実感します。レンヌでは、日本のメディアで報道されるような過激な抗議などは一切なく、ただ少々困ったことにバスが土曜日は運行しなかったり、今では毎日特定の時間(20時~22時の間等)運行しなくなってしまいました。話がそれてしまいましたが緊張しながらも期末試験を終え最終日の金曜日には授業をほとんどせず、みんなで料理やお菓子を持ち寄ってお疲れ&お別れパーティーを行い、楽しく喋ったりして過ごしました。隣の教室では激しく踊ったりしていたようで音楽とドシンといった振動がすごかったです。

 そしてクリスマス、フランスではノエルと言うのですが、前日と当日ではフランスで出来た友人宅で料理を持ち寄ってちょっとしたパーティーをしました。私はチャーハンを作って持っていったのですが豚肉を使っていたため、友人の友人がイスラム教徒で食べられない人がいたりと(事前に聞かされてなくて分かりませんでした…)、日本と違いハラール料理の需要性の実感を身をもって経験しました。そのパーティーではずっとフランス語で会話して、来た当初よりも実力の成長を実感でき、とても楽しかったです。ゲームの名前がわからないのですが自分の額(眼鏡の上)に人物や物の名前が書かれたのを貼り、YES/NO質問をして自分の書かれている物を言い当てるゲームを行いました。難しいのですが相手もすごく簡単な単語を選んでくれたのでとても楽しかったです。

 大晦日(レヴェイオンと言います)にはレンヌの市役所では市庁舎をイルミネーションのショーが行われていたりと、とても楽しむことが出来ました。花火もカウントダウンに合わせてしていたようなのですが、私は最後の時間は友人とゆっくり寮の中で過ごしていたため見ることが出来ませんでした。

 今回はこのぐらいで終わろうと思います。皆さん良いお年を! 次回はキリストの公現祭(エピファニー)について触れていきたいと思います。