文字サイズ

マンスリー留学体験記バナー

最新ブログ一覧(デスクトップ版)

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年3月]バンクーバーアイランド大学(カナダ) 大城さん 総合文化学部英米言語文化学科

バンクーバーアイランド大学(カナダ)
Semester Celebrationの司会をしました

こんにちは、カナダのバンクーバーアイランド大学に留学中の大城です。3月のMonthly報告をします。今月に入って気温が温かくなり、冬眠していたリスやウサギが、また見られるようになってきました。また、所々で桜が咲き始めて、春が来たのを感じることができています。

今月は、いろんな出来事があって、あっという間に過ぎていった1カ月でした。まず、Semesterの最後の週にFinal Examinationがありました。リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4項目が試験内容になっていて、その結果をもとに、次のレベルのクラスに上がれるか決まります。私が一番心配していたのがライティングとスピーキングです。ライティングは授業で何度か模擬テストをして最初に比べて自分の成長を感じることができますが、いつも時間内に指定の文字数に達することができず苦戦しています。Final Exam当日も結局、指定の文字数に達することができませんでした。スピーキングでは3人もしくは4人一組になって、いくつかのトピックに対してディスカッションします。スピーキングも授業の中で模擬テストがあったのですが、アイディアが思いつかず全然喋れませんでした。ライティングに比べてスピーキングは考える時間があまりないので、その短い時間の中で自分の意見をまとめるのが難しいです。テスト当日はグループメンバーに助けてもらいながら、なんとかやり抜くことができました。結果はまだ分かりませんが、とりあえず全力で頑張ったので次のレベルのクラスに上がれることを願っています。

それから、今月の最後にはSemester Celebrationがありました。私はこのCelebrationで司会をすることになりました。人前に立って話すことは苦手なのですが、英語力を上げるのと自分に自信をつけるのに良い機会だったので志願しました。ほかの司会者とセリフのパートを分けたり、プログラムの流れを確認したりして構成を考えていきました。また、セリフの練習としてLearning Centreに行って先生に発音や読むスピード、抑揚などを確認してもらったり、ネイティブの発音を録音して、それを何度も繰り返し聴きながら練習していました。本番は緊張したけど、それ以上にワクワクもしていて楽しんでパフォーマンスすることができました。会場も思っていた以上に盛り上がったし、レンタルした衣装も大好評で満足のいくSemester Celebrationになりました。

そして、もう一つ大きな出来事は3月いっぱいでホームステイ先を出てルームシェアに移ったことです。ここに来てから7か月間ホームステイをして、現地のリアルな生活を体感することができました。ホストファミリーには、いろんなイベントやパーティーにも連れて行ってもらって良い思い出がたくさんできました。引っ越しをした日も、みんなで遊びに行って最後まで楽しく過ごすことができました。4月からは新しい家に住むので、次回のmonthly報告では、そのことについても話せたらいいなと思います。