文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年4月]バンクーバーアイランド大学(カナダ) 宮里さん 経済学部経済学科

バンクーバーアイランド大学(カナダ)
春休み中はピクニックや散歩を楽しみました

こんにちは。バンクーバーアイランド大学に留学中の宮里です。4月の出来事を報告します。

今月は、ほぼ丸々休みでした。そして、今月の初めにFinal Examがあり、結果が出て、見事、合格することができました。特に自信のあったwritingは100点を取ることができ、とても嬉しいです。次の学期はいよいよESLで1番難しいレベルになります。少し緊張しますが楽しみです。また、次の学期の目標としては、speakingを頑張ることと楽しむことなので、気を抜きすぎずに楽しく過ごせるようにしたいです。今回のファイナルイグザムは、あまり難しいと感じなかったので、確実に英語力が伸びていることを感じます。また、成績も自分が思っていたよりもとても高かったので、よかったです。しかし、この長い休みでまた少しspeakingとreadingが下がった気がします。

この休みは何をしていたかというと、ナナイモを存分に楽しもうと思い、散歩やピクニックをたくさんしました。カナダはとても自然が綺麗で、本当に癒されます。バスで結構遠くまで行ってみたり、川でピクニックをしたり、海に行ったり、森に動物を探しに行ったりと、お金をかけなくても、とても充実した休みを過ごせました。また、学校の友達と遊んだり、BBQをしたりしました。本当は日本食をふるまってあげたいですが、私はあまり料理をしないので、もっと料理を勉強しておけば、と後悔しています。今度は、外国の人に喜んでもらえそうで、どこの国のスーパーでも安く材料が買える日本食をマスターしてから留学に行こうと思います。

私はホームシックには一回もなっていませんが、たまに帰りたくなる時があります。例えば、大声で歌いたい時にカラオケがなかったり、自分の車がないので自由に動けなかったり、バイトをしていないのでお金を使うことを躊躇したりするときに、帰りたくなります。ずっとカナダに住むとなったら、また違うと思いますが、1年だけなので、できることが限られています。そしてカナダに来て1番の変化は、健康的になったことです。ナナイモの人は生活リズムが整っている人が多いです。なので夜に開いているお店はパブやセブンイレブンくらいしかありません。また、食事もチーズなどのカロリーが高そうなものが多いですが、ご飯に比べてたくさんは食べられないし、腸内環境にもいい感じの食事なので、毎日お腹いっぱい食べているにもかかわらず痩せてきました。日本に帰りたいと思う瞬間もありますが、残りあと3ヶ月しかないので思う存分楽しもうと思います。