文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2019年11月】韓南大学(韓国)仲村さん 総合文化学部日本文化学科

韓南大学校(韓国)
一気に冬になりました

テジョンは11月に入り一気に温度が下がりました。そのため毎日ヒートテックと、ペディンが必需品となりました。寮ではオンドル(床暖房)がつくようになり本当に本格的に冬が始まったのだなという感じがします。

最近、留学生活が残り少ないなと築き始めました。なので、私はもう残り3ヶ月ほどしかない留学生活を充実させるため平日は学校に行って、週末はいろいろなところにいくようにしています。11月には花火大会を見るために韓国の南側に位置するプサンに友達と行ってきました。テジョンから3時間ほどかけていったのですが本当に遠かったです。花火大会の会場はプサンで有名な海水浴場クァンアンリでした。花火大会は午後8時に開催予定で、人が多いと予測し午後2時には会場についていたのですが前列はすでに埋まっていて中間地点しか場所がありませんでした。人も結構多くて場所とりも大変でした。砂浜に直接ブルーシートをひいて6時間ほど待機しなければいけませんでしたが、きれいな海を見ながらチキンをたべたり、友達とおしゃべりしたりして待ち時間がそんなに苦ではありませんでした。7時をすぎる人もさらに増えてトイレにいくのにも30分以上かかりました。トイレにいくのには本当に一苦労しました。あたりが暗くなり始めついに花火大会が開催しました。トップバッターはゲストのイタリアのチームでオペラ音楽とともに優雅で迫力のある花火が打ち上げられました。日本の花火とは少し違っていて、音も大きく花火の規模も大きかったです。15分ほど打ちっぱなしで感動のフィナーレを迎えると、韓国のチームの花火が打ち上げられました。韓国チームの花火は演出に凄くこだわっていてクァンアンリからみえる橋の下から花火を水のようにながしたり、韓国で有名な俳優のナレーションとともに花火を打ち上げたりしていました。また、音楽も防弾少年団から、韓国人なら誰もが知っているアリランまで幅広いジャンルの音楽を流していました。久しぶりに大きな花火をみてほんとうにジーンとしました。3時間かけてきた甲斐がありました。花火を見た後にソミョンにあるお店で刺身をたべました。テジョンよりもやはりプサンのほうが刺身は美味しかったです。

プサンプチ旅行を無事に終え次の週にはクェサンというテジョンの斜め上にあるところに行ってきました。クェサンでは銀杏通りを目的で行ったのですが、まさかの時期が遅かったのかほぼ銀杏の葉っぱがおちてしまっていました。40分ほどかけていったのですこしショックでした。ですが、銀杏通りの近くにある山のようなところをたまたま発見し登ってみると凄くきれいな景色が広がっていました。また、空気もpm2.5を感じられないほどきれいでした。いいヒーリングになりました。そして、クェサンから急いでテジョンに帰って映画「天気の子」を見ました。韓国でやっと公開されてうきうきでした。韓国でも結構人気があって私たちが入ったときはほぼ満席に近かったです。劇中にでてくる食べ物が美味しそうで、上映中おなかがなりそうでした。韓国語の字幕のも下に出ていたので比較しながらみていると若干違う訳し方があって面白かったです。映画の内容ももちろん良かったですが、「君の名は」よりもすこし物語が簡潔化されていました。でも、やはり最後が「うーん」という感じの結末でした。

いきなりですが、最近私の中でブームがきている食べ物があります。それはマラタンという料理です。マラタンは中華料理の1種らしいですが、自分の食べたい食材で作って食べて650円ほどなので今韓国でも大流行中です。学校の周りにも3軒ほどマラタンのお店があるほどです。ですが、脂っこいので好き嫌い分かれる料理でもあります。ぜひみなさんも韓国に来た際マラタンを食べてみてください。