文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2020年8月】東海大学(台湾)金谷さん 総合文化学部英米言語文化学科

東海大学(台湾)
台湾の家族愛に感動!

ニーハオ!8月も勉強と遊びがとても充実していた月でした。8月の台湾はとても蒸し暑く、昼に外に出るのがきついほどでした。しかし夜になると比較的涼しく、買い出しをするときはよく夕方から夜にかけて行っていました。

台湾の広さは九州と同じくらいで、私が想像していたよりも大きく、まだまだ知らない場所や食べ物に溢れています。台湾にいる間に沢山発見することにワクワクしています!東海大学の学生は夏休み真っ只中で、それぞれの故郷に帰る人がほとんどです。8月は故郷へ帰った台湾人の友人と観光し、その地元の魅力を沢山紹介してもらいました!今回旅したのは高雄と嘉意,そして垦丁という所です。

語学学校の授業は平日毎日あるため土日を利用し、台湾人の友人が出身地の嘉義という所へ連れて行ってくれました。台湾南部に位置する「嘉義」は日本と強い繋がりを持つ場所です。現在でも日本統治時代に建てられた建築物などが残され、観光地となっています。そこでは、浴衣のレンタルや日本式建築物があり、まるで日本に戻ってきた気持ちになりました。また、阿里上という山に皆で行きました。八月にも関わらず山の上の気温は18度で寒かったです。本物の鉄道や奇麗な自然の景色、美味しい食べ物を満喫し幸せな気持ちになりました。また、連れてきてくれた友人の友人が経営するお店に行き、晩御飯を食べました。台湾は、家族で経営している店が多くあります。優しく歓迎してくださり、台湾ならではの温かい雰囲気にとても感動しました。私達は壁にその日の日付と名前を書きました。何年後かにまた絶対来たいです。嘉義を沢山紹介してくれた友人はもうすぐで兵役に行ってしまうので、残りの時間もっと思い出を作れたらなと思います。

また、高雄へは、台湾人の友人がお家に泊めてくださり、三泊四日の間に高雄を思いっきり満喫しました!高雄にしかない食べ物や観光地、見たことのない素晴らしい景色に連れて行ってくれました。また、友人の家族が私を暖かく歓迎してくださり、伝統的な火鍋に連れて行ってくれたり、遠いのにもかかわらず一日かけて車で墾丁の海に連れて行ってくれたり、沢山御馳走してくれました。水族館へ行ったとき、友人の母が記念品をくれ、「これは優里奈が高雄に来た日付が書かれているから記念に持って帰って」と言ってくれ、本当に感動しました。友人と友人の家族と過ごすのが本当に楽しく、留学生活の中で一番の思い出だと思います。家族愛と台湾人の優さしさに触れた四日間でした。私は本当に感動し、高雄から台中に帰るとき本当に帰りたくないと言うと、「またいつでもおいで」と言ってくれ、本当に嬉しかったです。

また、人生初、頻繁に胃腸炎にかかっていたのですが、台湾人の友人や正規生が病院に連れて行ってくれました。台湾の病院は本当に信頼できる上、薬代が安いので何か病気になっても安心して行けます。居留証は必ず必要なので台湾の病院へ行くときは持って行ってくださいね!それでは、また来月!再見!