文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2020年1月】釜慶大学(韓国)仲村さん 総合文化学部英米言語文化学科

釜慶大学校(韓国)
韓国生活を豊かにするおススメ情報

みなさん!アンニョンハセヨ〜!釜慶大学交換留学生の仲村です。韓国では最近コロナウイルスが流行しています。語学堂の授業中には、マスク着用が必須になっていて、中国に滞在した人は寮で2週間隔離されるなど、釜慶大学では、徹底したコロナウイルス対策がされています。今釜山では、外に出ると90%異常の人がマスクを着用しており、繁華街にも、ほとんどいないというような状況です。

沖縄ではまだ、コロナウイルス感染者が出ていないということなので安心しています。釜山では感染者がまだ確認されていないのですが、ソウル近郊では、多くの感染者が確認されたため、ソウル地域に留学しているメンバー達が心配です。帰国まであと少しですが、気を抜かずしっかり予防していきたいです。

今回は、釜慶大学へ留学する方向けの携帯電話の契約方法と韓国生活を豊かにするためのインターネットショッピングオススメサイト、そして、ここ1ヶ月間の私の生活について話したいと思います。釜慶大学では、外国人留学生のためにいろいろなサポートを行ってくれるのですが、その中の一つに学校内で携帯契約をサポートしてくれるサービスがあります。学校内に携帯会社の方が来てくれ、その場で契約やSIMカードを受け取ることができます。準備するものは、パスポートor外国人登録証、そして現金です。たしか、50,000ウォンぐらいだったと思います。あとは、大学内にいる携帯会社の人と月に使えるデータ容量や電話の回数などを決めて契約完了です。SIMカードを受け取れば携帯が使えるようになります。データ金額がなくなったら、水協銀行の指定された銀行にお金を送るとまた、インターネットが使えるようになります。私は契約当時、外国人登録証が出ていなかったため、パスポートのナンバーで登録したのですが、外国人登録証で登録しておくと、カカオペイやKTXの予約、ネットショピングなどができるため、後々便利だと思います。私はすぐ携帯が使える環境が良かったため、最初の1ヶ月はパスポートのナンバーで契約して、外国人登録証が出た後に、契約の変更に行ってきました。契約を変えるのには、SIMカード代金10,000ウォンが必要です。また、携帯会社事務所に直接行かないといけないため、少々めんどくさいですが、この変更をするだけで生活の質がグッと上がりました。なぜなら、韓国では何かしら会員登録をするときに住民登録番号(外国人の場合は外国人登録番号)が必要だからです。会員登録をする際の本人確認をする際は、通信会社を通して認証を行うことが多いです。次に韓国生活をより豊かにするためのインターネットショッピングサイトを紹介したいと思います。まずは、coupangです。coupang(クパン)は、日本のAmazonのようなサイトです。このアプリの便利なところは、一回の注文で19,800ウォン以上購入すると送料無料だということと、注文前日の夜中の12時までに入金をすると、次の日には荷物が届くということです。重い洗剤やトイレットペーパーなどは、coupangで購入するのをお勧めします。また、化粧品なども、オリーブヤングで購入するよりも安いということが多いのでcoupangというアプリをインストールすることをおすすめします。また、服を買いたいというときはzigzagというアプリがおすすめです。このアプリは、gogosingやhotpingなどのショッピングサイト2000以上のアイテムを一気に見ることができます。また、お気に入り登録をして後から買うこともできるので、すごく便利です。

次に、私がここ1ヶ月間、行ったことについて話します。韓国は1月24日から27日まで旧正月でした。私はこの休み期間を利用して、ソウル経由で江原道の江陵市という場所に行ってきました。江原道は、平昌オリンピックで有名な平昌がある都市で韓国で最も寒い地域です。私はハヌル牧場という牧場に行って羊と牛を見てきました。そして、人生で初めて降っている雪をみました。周りはアナと雪の女王で見たような冬の景色でとても感動しました。沖縄ではなかなかできない経験ができて、とても良かったです。沖縄から、韓国に留学する予定がある方は、冬の時期にハヌル牧場に行ってみて欲しいです。そして、現在は帰国間際なため、会いたい友達に会って、荷物などを詰める準備をしています。残り少ない韓国留学ですが、体調管理をしっかり行い、悔いなく楽しんでいきたいです。