文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2020年3月】南ユタ大学(米国)佐次田さん 経済学部経済学科

南ユタ大学(アメリカ)
帰国

こんにちは。南ユタ大学に留学していた佐次田です。今世界的に問題になっているコロナウイルスの影響もあり、先日日本に帰国しました。

アメリカは皆さんご存じだと思いますが、コロナの感染者、死者数共に世界で一番多いこともあり対策が日本より厳重でした。3月の中旬頃にspring breakという一週間程度の休みがあったので、それを利用してニューメキシコ州、テキサス州に遊びに行きました。ニューメキシコでは基本的に田舎の方へ訪れていたのであまり感じなかったのですが、テキサスでは都会にいたのでコロナへの厳重警戒を感じました。まず、マクドナルドなどはじめとするすべての飲食店は店内での飲食を禁止し、テイクアウトのみの対応へと切り替えていました。また、テキサスのダウンタウンにも足を運んだのですが、人がほとんどいなく、閑散とした雰囲気でした。テキサス在住の友人に聞いてもこういった様子は初めてと言っていました。当然のことながら、観光名所なども閉鎖されていました。

大学もコロナ対策としてこの休暇を期に全ての授業がオンラインへと変更されました。オンラインの授業は教授によって授業形式がかなり変わるのですが、一番オーソドックスなのがZoomという大勢でのビデオ通話ができるアプリを介しての授業です。今は帰国している為時差によりオンラインで現地と同じ時間に授業を受けることが厳しい授業もあるため、そういった場合には教授と相談して授業に関したビデオを見るなどの代替案を取り入れてもらえるため何とか授業も続けることが出来ています。

留学自体は5月までの予定だったのでこういった事態になり早期帰国したことは残念ではありますが、逆にアメリカに来てすぐじゃなくてよかったと前向きに考えるようにしています。コロナの影響でスーパーではトイレットペーパーをはじめとした紙製品も品薄状態になっていました。また、アメリカで色々なスーパーに行きましたが自分は一度もマスクが売られているのは見たことありませんでした。なので、マスクは出来るだけ持参した方が良かったと感じています。こういった状況の中でも授業自体は本来の予定通り4月末まであるので、それまで引き続き頑張っていきたいと思います。

写真は休暇中に行ったところとスーパーの様子です。