文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2020年4月】レンヌ第二大学(フランス)又吉さん 総合文化学部日本文化学科

レンヌ第2大学(フランス)
軟禁生活2ヶ月

Bonjour. フランスのレンヌ第二大学に留学中の日本文化学科三年次の又吉です。

フランスでは引き続き三月中旬から五月中旬の今に至るまで、ずっとロックダウンをして います。正直精神的にキツイことこの上なしです。私自身はずっとインドア派の人間だと思 っていたのですが、それは間違いだと気づきました。ずっと部屋の中にいる事は、中々にス トレスが溜まります。ここまで様々なことを制限されてしまうと、部屋の中でできるいつもなら楽しいと思えるようなことにも苛々してしまってどんどん無気力になってしまいまし た。自由に外出できることって幸せですね。

正直に言うと毎日を虚無に過ごしているので、あまり書けるようなことがないです。私は読書が趣味なのですが、留学中は電子書籍が大活躍でした。もちろん今の状況だと尚更ありがたい存在なのですが、フランス語の電子書籍を買おうと思ったら欲しいものは軒並み取り扱っていないのが残念です。英語版はあるので、妥協でそっちの方を買ってしまいます。 なので軟禁生活中はフランス語よりも英語に触れる機会の方が多く、英語がちょっとだけ上達した気がします。

語学学校はあと二週間で終了です。私はそれに合わせて帰国することにしました。あと二週間しかフランスに居れないのか~と思いながら帰国準備を進めているのですが、実感は未だ湧いてきません。私は七月末までフランスに居るつもりだったのに、二か月も前倒しで帰国する羽目になるとは思ってもいませんでした。レンヌとパリを結ぶ TGV は復活しつつあるのですが、長距離バスや空港バスは再開の兆しがないし、パリー東京間の飛行機もだいぶ減便されています。ただでさえフランスは公共交通機関のトラブルが多いのに、この状況で無事に帰国できるのか不安しかありませんが、まあ何とかなると信じています。帰国しても東京で二週間隔離、沖縄に帰っても自宅に二週間隔離と、今後を考えるとため息しか出てこないのですが仕方ないですね。無事に帰国できればもう何でもいいです。皆さんも体調にはお気を付けください。