文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2020年6月】レンヌ第二大学(フランス)高江洌さん 経済学部地域環境政策学科

レンヌ第2大学(フランス)
最後のマンスリー報告書

こんにちは高江洌です。レンヌは気温が31度になったり18度になったり、日によって温度差が大きくなります。こちらでは空が暗くなるのが23時頃で、最初は時間感覚が中々掴めず、16時ぐらいかと思って時計を見ると21時になっていたりして驚くことがよくありました。昼寝をして夜に
起きても外が明るいのであまり罪悪感が出ないので良いなと思います。

今月も授業はなく、旅行も出来ないので殆どお店に行って買い物をし、美容室で髪を切るなど、外出禁止期間で出来なかった事をやっていました。友人達も殆ど日本へ帰り、こちらで出来た友人達も実家へ帰省していたのであまり遊ぶことができない1ヶ月でした。後半の二週間は帰国準備をしていました。本や服やお土産が多かったので殆どを郵送で送りました。7kg分は私用のチョコレートを送りました!

レンヌでの10ヶ月は、良い面でも悪い面でも日本で暮らしていると気づかない事やあり得ない事、たった十回のmonthly報告では書き切れない程の様々な事を体験することができました。少しでも海外に興味がある方や大学生のうちに何かやってみたいという方へ。今は前よりも給付で貰える奨学金が多くなっていると感じます。私は沖国からも派遣留学生として奨学金を頂き、他の所からも給付で奨学金を頂いています。金銭面での問題は小さくなるかもしれないので是非、今すぐ調べてみてください。また、留学経験者も珍しくなくなってきていると聞きますし、様々なところで留学経験者とよく会います。今はインターネットでいろいろな情報がすぐ得られますが、現地で生活して経験する方が何倍も得られる情報が多いと感じます。私にとって10ヶ月の留学は正直とても短かったのですが、得られた物は大きかったです。

また機会があればフランスに戻りたいと思います。