文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年3月]南ユタ大学(米国) 當間さん 経済学部経済学科

南ユタ大学(アメリカ)
クラスにも慣れてきました

皆さんこんにちは、南ユタ大学に留学中の當間です。ここシダーシティーは3月から暖かい日が続いて、過ごしやすい環境になっています。それと同時に残りの留学生活も残り一ヶ月ほどとなり、少し寂しい気持ちになっています。

3月からESLの生徒は冬休みに入り、学部生より1週間長い春休みとなりました。今回私は予定を立てず、ほとんどシダーシティーに留まり、ゆっくりと過ごしていました。唯一遠出をしたのはアメリカ人の友達とラスベガスに行きいろんなお店に入りフードを食べたり、ウィンドウショッピングをしたり、予定がなかった私は楽しい旅行となりました。そして3月の下旬くらいからESLの授業が始まりました。

最後のESLのクラスは今までと変わって、授業時間が午前から午後へと変わりました。午前の授業は朝9時から始まるのに対し、午後の授業は昼の1時から始まります。どちらの時間帯も善し悪しがあり、午前のクラスだと朝から授業で大変ですが、午後はフリータイムとなるので課題を終えたら自由時間が長くとれます。午後のクラスだと午前中はゆっくり過ごすことが出来ますが、午後5時まで授業があり終わってからの余暇がより短く感じます。

授業が始まり数週間が経ちクラスにも慣れてきました。今のクラスは課題を主に進めるクラスなので、いろんな課題が出され忙しいと感じる時もあります。しかし、課題を終えると達成感を感じるようになりました。

忙しい日々を過ごしていますが、この生活があと一ヶ月となると寂しい気持ちになります。特に、ここで出会った友達とも、ほぼ会えなくなってしまうのは残念です。ここでやれること、やり残したことを作らないように、悔いのない生活を送りたいと思います。