文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年3月]澳門大学(中国) 田場さん 総合文化学部人間福祉学科

澳門大学(中国・澳門)
マカオ大学の国際交流イベントがありました

澳門大学に交換留学中の田場です。3月分のマンスリー報告をします。
今月は急に暑くなったり寒くなったり、梅雨にはいったりと天候が悪く私の周りで体調を崩す人が続出でした。私は中国に来て免疫力があがったのか、留学生活が始まってからまだ一度も風邪をひいていません。

3月の初めに高校時代の同級生がマカオに遊びに来てくれたのでマカオ内を観光案内しました。前学期に家族と幼馴染がマカオに遊びに来てくれて、すでに2回観光案内をしたことがあったので、今回の3度目のマカオ案内はだいぶ慣れてスムーズに行くことができました。今回は遊びに来てくれた友だちがマカオのカジノ施設に興味を持っていたので、マカオにある主要なカジノ施設をほぼ全て回りました。マカオといえば真っ先にカジノを思い浮かべる人も多いと思うので、マカオのカジノについて紹介したいと思います。マカオにある殆どのカジノ施設はただカジノをするだけの場所ではなく、いろいろな要素を備えたIR(Integrated Resort)統合型リゾートです。IRとはホテルなどの宿泊施設、ショッピングモール、レストラン、映画館などを総合的に整備したリゾート施設のことを言います。マカオでは21歳からしかカジノをすることができないので、20歳の私は留学中にカジノをするためのエリア内に入ることはできませんが週末にショッピングをしたり、友だちとご飯を食べるためにカジノ施設に行くことはよくあります。また、それぞれのカジノ施設には違ったコンセプトがあり、行くカジノ施設によって違う雰囲気が楽しめます。建物の建築にもこだわっていて、ユニークな形のカジノ施設もあります。マカオに行く際は、是非いろんなカジノを回って比べてみると面白いと思います。

3月は大学内のイベントも充実していました。3月27日にLanguage and Culture dayというマカオ大学の国際交流イベントがありました。この日は大学内にある4つの専攻である英語、中国語、ポルトガル語、日本語を使って文化の紹介をしたり、それぞれの国の伝統的なパフォーマンスをしたりしていて楽しく異文化交流ができた1日でした。日本チームは盆踊りを披露していました。私は中国チームと日本チームから出演の誘いがありましたが、講義の時間が被っていたため残念ながらパフォーマンスに参加することはできませんでした。他にも、所属している寮のチアリーディングチームでマカオ大学のPR動画に携わることができたり、澳門大学の寮対抗フットサル大会で日本人留学生の試合をみんなで応援しに行ったりと、スポーツを楽しむことができた期間でもありました。

来月は今学期の授業の締めになるのでプレゼンや課題がたくさんあって忙しくなると思いますが、もう残りの留学生活2か月きってラストスパート入るので、最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。