文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年8月]レオン大学(スペイン) 大湾さん 総合文化学部英米言語文化学科

レオン大学(スペイン)
濃い一カ月

こんにちは。今回が初めてのmonthly報告になるのですがスペインに来てこの1ヶ月、時が一瞬で過ぎ去って行くような1ヶ月であり。今まで過ごしてきた何ヶ月、何年間分もの出来事や刺激がぎゅっと濃縮された毎日を過ごせています。

学校生活ではレオン大学付属の語学学校で私達3人と同じようにレオン大学に通うヨーロッパ各国の留学生達と授業を受けました。ヨーロッパの留学生はスペイン語のネイティブスピーカーが喋っているのではないかと思うくらいスペイン語を喋ることができます。彼らは私のスペイン語の語学力のなさをこれでもかってくらい気づかせてくれました。今私はヨーロッパの学生からもらった刺激を受けて、スペイン語の勉強はもちろん、自分が本気で取り組みたい物に本気で取り組めています。日本に留まり沖国大で授業を受けていただけでは絶対に感じることのできなかった気持ちです。この短い1ヶ月だけでもスペイン留学に来たのは間違いではなかった本当に来てよかったと思えています。肝心な授業内容はというと、日本でやっていたスペイン語の授業と文法であったり内容は大きな違いは今のところ変わらないのですが、1つ1つの単語の質であったり文法の質が実際の自分の生活の一部を使った内容になっているため勉強をしていると感じず学ぶ事ができています。

勉強以外にも9月の初旬にあった1週間の休みを生かしてロンドンに旅行しに行ってきました。私は出発の前日にチケットを買ってしまったため少し高くなってしまったのですが、1ヶ月前に予定をたててチケットを購入すると往復5000円くらいでヨーロッパの各国に行くことが出来ます。そこもヨーロッパへの留学の魅力の1つだなって感じました。これからの約一年間ここでしかできない体験ができるんだと考えるだけで楽しみで仕方がないです。