文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年2月]釜慶大学(韓国) 内間さん 産業情報学部企業システム学科

釜慶大学校(韓国)
「いよいよ留学生活始まりました!」

皆さん初めまして!釜慶大学に交換留学生として来ている内間です。留学生活が始まってから2週間ほど経ちましたが、もう釜山が好きになりました(笑)これから皆さんにMonthlyを通して韓国での留学生活や釜慶大学での情報を発信して留学を考えている人たちの役に立てたらいいなと思っています。
まず最初に韓国での携帯についてお話したいと思います。私は韓国へ来る前に元々持っていた携帯をSimフリーの状態にして、韓国でプリペイドSimを購入しようと思っていましたが、韓国に到着してからしばらくは忙しく、また、どのSimカードを買えばいいのかわからかったので、なかなかSimカードを購入できませんでした。そのため、購入するまでの間は、寮にあるWi-Fiで生活していましたが通信が悪く不便でした。しかし、釜慶大学の「I Friend」というサポーターたちのおかげでプリペイドSimの携帯を契約することができました。「I Friend」では、外国人留学生向けに銀行口座開設や携帯の契約、授業申請などをサポートしてくれるのですが、「I Friend」メンバーの中には日本語を話せる韓国人も数名いたので、韓国に来たばかりでまだ韓国が上手でなくても安心して相談することができます。ですので、今後、釜慶大学へ留学へ来る方はぜひ「I Friend」を活用してみてください!!
次に「語学堂」について紹介したいと思います。私は事前にオンラインで受けたレベルテストの結果、4級のクラスになりました。しかし、いざ授業を受けてみるとかなり難しく、私のレベルに合わないと感じていました。そのことを語学堂の先生に相談したら、初日と2日目はクラス分けの調整期間で、自分のレベルに合わなければほかの級に移ることができるそうで、私は3級クラスに移動することにしました。3級クラスは午前と午後のクラスに分かれていて私は午後のクラスで、週5日2時から17時50分まで勉強しています。クラスメイトは、全員で18人いるのですが日本人は2人しかおらず、残りは中国やベトナム、ミャンマー、など多国籍なクラスです。ほかの国の言葉は全く話せませんが、クラスのみんなと韓国語を共通語として会話をしているので不思議な気分です。最初は、授業についていけるのかとても不安でしたが、このように自分に合ったクラスに移動することもでき、他国の友達もできたので今はとても楽しいです!
次に大学の授業について簡単に紹介します。私は午後に語学堂の授業があるため、週2日午前に「バドミントン」と「高級日本語会話」という授業をとりました。「高級日本語会話」をとった理由は、日本語を学んでいる韓国人とコミュニケーションをとることができるからです。実際に、この授業で日本に興味を持った韓国人と仲良くなることができたので、この授業をとってよかったと思います。
留学生活が始まってすぐは慌ただしい日々が続いていますが、学校と遊びの時間ををうまく切り替えて、今後の留学生活を頑張っていきたいと思います!