文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年4月]バンクーバーアイランド大学(カナダ) 大城さん 総合文化学部英米言語文化学科

バンクーバーアイランド大学(カナダ)
シェアハウスでの生活が始まりました

こんにちは、カナダのバンクーバーアイランド大学に留学中の大城です。4月のMonthly報告をします。

今月の1週目でSpring Semesterが終了して、3週間の休み期間がありました。前半は特に予定もなかったので、家で映画を見たりYouTubeを見たりとのんびりしている日が多かったです。後半は友達とご飯を食べに行ったり、ハイキングや遊園地に行ったりして楽しみました。ナナイモはハイキングコースがたくさんあって、自然に触れたり動物も見れたりして、気分転換に歩きに行くととても気持ちがすっきりします。また、今月はナナイモに仮設遊園地ができたので、みんなで遊びに行きました。私はもともとジェットコースターとかが苦手なので2つしかアトラクションは乗っていませんが、すぐクタクタになってしまいました。でも楽しかったし良い思い出になりました。満喫した3週間を過ごせたし、次のSemesterのためにリフレッシュする良い期間になりました。

それから、今月は大きな出来事がありました。3月いっぱいでホームステイ先を出て、シェアハウスに移り新しい生活が始まりました。日本3人と台湾人1人と一緒に住んでいて、毎日UNOをしたりテレビゲームをして楽しく過ごしています。ごはんは日本人のルームメイトが毎日、日本食を作ってくれました。どれもおいしくて、毎日のごはんがとても楽しみでした。でも、その人が4月で日本に帰ったので5月からは自分で作らないといけません。私は全然ごはんが作れないので、これから不安ですが、今後の課題としていろんな料理に挑戦したいと思います。またシェアハウスには良いところがいくつかあって、まず1つ目は時間を気にしなくていいところです。ホームステイしていた時は、家に帰るのが遅くなるとホストファミリーに連絡しないといけなかったり、門限があったりと常に時間を気にしていましたが、今はそういう面では制限がないので時間をあまり気にせず自由に過ごせています。それから、もう1つは友達の幅が広がるところです。シェアハウスをしているとルームメイトがよく友達を家に呼ぶので、そこから新しい友達ができたりします。全く面識がなくても一緒にごはんを食べたり、ゲームをしているうちに仲良くなっていくので、人見知りの私には友達を作る良い機会になっています。

そして、4月の最後の週からSummer Semesterが始まりました。前回のSemesterのFinal Examinationに見事合格して、次のレベルのクラスに上がることができました。毎回のことなのですが、不安しかありません。でも、この緊張感の中、授業に臨んで残りの3カ月間モチベーションをキープしたまま最後はESLを卒業して留学を終えられたらいいなと思います。1日1日がとても早く、留学もどんどん終わりに近づいていますが、残りの期間を楽しみつつ、もっと英語力の向上を目指したいと思います。