文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年7月]バンクーバーアイランド大学(カナダ) 大城さん 総合文化学部英米言語文化学科

バンクーバーアイランド大学(カナダ)
貴重な経験と貴重な時間

こんにちは、カナダのバンクーバーアイランド大学に留学に行っていた大城です。最後のMonthly報告をします。7月でカナダでの留学生活が終わってしまいました。月日が経つにつれ時間が過ぎるのがどんどん早く感じましたが、最後の月は特に早く過ぎていったような気がしました。

Summer Semesterが7月で終わりということで最後にFinal Examinationがありました。Semesterの前半でListeningとSpeakingは終わったので今回はReadingとWritingだけでした。最近、授業についていくのがしんどくてテストも心配していたのですが、一度で受ける数が減った分、前のSemesterに比べてあまりプレッシャーを感じることなく臨めました。結果はどっちも合格して、留学が終わる前に無事ESLを卒業することができました。とりあえずほっとしています。また、今回のテストで自分の大きな成長を実感することができました。Writingテストについてですが、最初のころに比べ書く量、スピードが大幅に伸びました。Writingはずっと苦手分野で今もそれは変わらないのですが、この1年の成果が最後に目に見える形で表れてよかったです。

全部のテストが終わって友達同士でおしゃべりしていたらお別れの話が出てきて、そこで留学が終わりかけていることを実感し始めました。カナダに来て最初の3カ月は友達ができずいつも孤独に感じていたけど、今では別れを惜しむほど仲のいい友達がたくさんできてほんとに良かったです。特に7月はそういう友達と一緒に過ごした時間が多く、海岸や山など自然の中を散歩したり、スポーツしたり、映画を見たりといい思い出がたくさんできました。また、今月は自分の誕生日でもあったのでルームメイトやほかの友達が祝ってくれました。でも、思い出がたくさんできた分、友達と別れるのが辛くて帰国する前の4日間ぐらいは泣きっぱなしの毎日でした。

この1年間ほんとに一瞬の出来事みたいで、沖縄に帰ってきても懐かしさは全くなく、夢から覚めてまたいつも通りの生活が始まったような不思議な感じがしています。でも生まれ育った場所を離れ、違った環境で生活したことで、改めて家族や地元のことを考えるいい機会にもなりました。今回の留学でいろんな人に出会ったり、いろんな場所に行ったり普段の生活の中では経験することのない貴重な時間を過ごすことができました。これをただの思い出として残すだけでなく、これからの生活に活かせるようにしたいです。