文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2019年9月】澳門大学(中国)松川さん 総合文化学部英米言語文化学科

澳門大学(中国・澳門)
9月の出来事。In Macau

こんにちは。マカオ大学に留学中の松川です。マカオ大学に留学に来て2か月が経ちました。今回は9月の出来事を書こうと思います。

まず、9月になってすぐに私の中で大事件が起きました。なんと、間違えて携帯を入れたまま洗濯機を回してしまい携帯が水没して壊れてしまったのです。急いでインターネットで対策法を検索して応急処置を行ったのですが、やはり起動せず…。新しい機種に変えるしかないと思い日本から親に頼んで携帯を送ってもらおうかマカオで新しい携帯を購入しようか迷いました。なぜなら、マカオで購入した場合、日本に帰国した際に日本の携帯会社の電波帯とマカオで購入した携帯が合わない可能性があるからです。親に頼んで日本から携帯を送ってもらう場合、機種代と送料代で値段が高くなり、また私の手元に届く前にどれくらいかかるのかわかりませんでした。しかし、私はラッキーでした。マカオ大学に日本語教師のインターンとして来ている方々に相談しようと思いインターン生の方々がいる部屋に行くとマカオ大学の現地の学生がいました。携帯が壊れたことを説明すると、一緒に現地のappleショップに行ってくれました。しかし、「これは直らない、新しいのを買うべきだ」と店員さんに言われて、買わされそうになった為、一旦ショップを離れてダメ元で修理屋にデータを取り除けるかだけでも行ってみようとなり、現地の学生の行きつけのお店に連れて行ってもらうことになりました。そのお店に携帯を1日預けて2日後に取りに行くとface認証は使えなくなっていたものの他の機能は使えるようになっていました。修理代金は日本円で約30,000円位でしたが新しい機種を買うとなると約80,000円位になっていたと思うので携帯が直ってよかったです。今回の件で色々な方に助けてもらいました。とてもありがたかったです。以後、このようなことが起きないように気をつけようと思います。

9月には、少しずつマカオでの生活に慣れてきたので、グルメを探してマカオ内の色々な店に訪れました。マカオではポルトガルと歴史的に深い関係があるので有名なポルトガル料理店やマカオで有名なエッグタルト屋の一つであるマーガレッズカフェ・ナタ、マカオ大学内の飲茶のレストランにも行きました。その写真も載せておきます。

また、ハイキングにも行きました。沖縄には山があまりないため私自身登ったことがなかったのですが、初めて登りました。急な坂道が多すぎて思っていた以上に苦しかったです。

マカオ大学での講義では、言語学の授業でグループワークがありその中のディスカッションでグループの意見を発表する機会がありました。それが私の役目だったのですが紙に書いたことをそのまま読んだので、(私だけではないのですが)紙に書かないでも英語で発表できるようにしようと教授に言われたため、それができるように頑張っていきたいと思います。