文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2020年7月】東海大学(台湾)名嘉真さん 総合文化学部英米言語文化学科

東海大学(台湾)
台湾で過ごす夏

ニーハオ!いよいよ夏本番ですね。皆さんはどうお過ごしですか?台湾はというと夏休みに入り暑い日々が続いています。今回は台湾での夏休みを紹介します。

夏休みがやってきた!台湾の夏遊び尽くすぞ~!と言ってもしっかり勉強しています。私たちは華語中心の夏の講座を受講しているので前学期と変わらず午前中の3時間中国語の授業を受けています。夏の講座はお金を払って受講します。夏休みには台湾人の友人たちは実家に帰ってしまうので中国語を話す機会が圧倒的に減ってしまいます。なので夏の講座は絶対に受けた方が良いと思います。

夏休みは学校のコンビニが時間短縮営業になり学食も開いているお店が少ないので不便な面も増えました。寮も私たちが住んでいる30棟以外閉まるので夏休みに残る人は皆30棟に引っ越してきます。私の新しいルームメイトは2人の台湾人です。彼女たちも授業やバイトで学校に残っているため生活はすれ違うことが多いです。

華語中心は学期ごとにクラスが入れ替わります。私の新しいクラスは7カ国から集まった8人のクラスです。日本、韓国、フィリピン、モンゴル、イラン、スイス、オランダ。今までに出会ったことの国の人たちと出会えてたくさんの文化を知ることができてとても楽しいです。更に、クラスメイトの半数以上が台湾人の恋人がいるため先生も一緒に恋バナをすることが多いです。授業が終わった後にクラスメイトとご飯や猫カフェ、ゲームセンターにも行きました。勉強以外でも遊べるような友達ができてとても嬉しいです。私が中国語を学んでいなかったら出会えてなかった人たちだと思うと今の環境がとても不思議に感じます。クラスメイトからも良い刺激を受けて夏休みに入って更にモチベーションがあがったように感じます。

さて話は変わりますが、夏休みは勉強だけで無く休日にはいろんなところへ遊びに行っています。7月は科博館、遊園地、山、花蓮などまだ行ったことの無いところに行きました。台湾人の友人たちがバイクで海に連れて行ってくれ、台湾の料理も食べて留学していると改めて実感する1日でした。花蓮では原住民体験、川下りを体験しました。ツアーに参加したのでお金は少しかかってしまいましたがなかなかできない体験ができたので良かったです。7月には華語中心初めてのフィールドワークで溪頭という山に行きました。あいにくの雨でしたが新しい友達もできて思い出の一日になりました。そのときに食べたできたての鳳梨酥(パイナップルケーキ)がとても美味しくて忘れられません。台湾にはきれいな景色、美味しいものがたくさんあるので本当に時間が足りません。行きたいところもまだまだあります。8月は言語交換を通じて知り合った台湾人の方が山登りにも連れて行ってくれるので、残りの留学は「後悔しない」をモットーにたくさんの経験をしていきたいです!

留学の様子はインスタグラム ruka_in_taiwan で発信しているのでぜひのぞいてみてください。では今月も読んでくださりありがとうございました!また来月!