文字サイズ

マンスリー留学体験記バナー

最新ブログ一覧(デスクトップ版)

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2022年2月】嘉泉大学(韓国)徳元さん 総合文化学部英米言語文化学科

嘉泉大学校(韓国)
「日本に帰国しました~!!」

アニョンハセヨ~!二月に入り留学生活も残り一週間。マンスリーも今月で最後となるので寂しいです、、!帰国準備の前に友人達と日帰り旅行に行って最後の思い出も作ってきました!また、帰国準備は思ったよりも忙しく、例年とは違う点もあったので今回は帰国までの流れをお話します!

まず、帰国前にすることは飛行機の予約と隔離施設の確保、荷物が多い場合にはEMSで荷物を送ることです。そして帰国三日前にPCRを受けて前日に陰性証明書を受け取り、携帯契約を行って帰国当日を迎えるという感じになります。

まず飛行機の予約と隔離施設の手配です。コロナの影響で韓国⇒沖縄の飛行機が未だになかったので私たちは韓国⇒福岡で飛行機を取りました。韓国から日本入国の場合7日間の隔離がありました。入国して6日間は国が決めた施設で隔離、残りの1日は自主隔離という形でした。私は福岡に住んでいる友達家で最終日は隔離をしました。友人や家族がその県にいない場合は自分でホテルを予約して残りの自主隔離を行わないといけません。前もって情報を集め、隔離施設や飛行機の予約は気持ち早めにすることをお勧めします!
 
帰国前日にはPCR陰性証明書を受け取りにいきました。72時間以内の陰性証明書がないと飛行機に乗れないので三日前にPCRを受け、前日に陰性書を取りにいきました。そして韓国の携帯契約を止めたら帰国準備は完了です!帰国当日は飛行機の時間も早かったため前日で準備等は全て終わらせました。帰国の準備は思っていたよりも時間と体力を使うので逆算してしっかりと計画を立てていた方がいいです!

福岡での隔離を終えて韓国出国から一週間後無事に沖縄へ帰ってきました!沖縄に帰ってきて嬉しい反面、目標としていた留学が終わり寂しい気持ちもあります。コロナ渦での留学で何も情報の無い中、去年日本を出国しました。周りからの反対があったり例年通りにはいかない留学生活で不安があったりと大変でしたが、この留学を通して語学面も人間的にも大きく成長できたと思っています!コロナ渦ではありましたが、とても貴重で思い出に残る悔いのない留学生活でした。この様な時期なので留学に行くか迷っている学生も多いと思いますが諦めずに挑戦してほしいと思います!
今月でマンスリー報告書も最後になります。一年間ありがとうございました!안녕!!