文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2019年10月】釜慶大学(韓国)仲村さん 総合文化学部英米言語文化学科

釜慶大学校(韓国)
10月のイベント

みなさん!アンニョンハセヨ〜!2019年度 釜慶大学交換留学生の仲村です。現在、釜慶大学語学堂はテスト期間、真っ最中です。語学堂は2周間に一回テストがあるので、精神的にもストレスが溜まりますが、韓国語を嫌いにならない程度に、勉強を頑張っていきたいと思います!今回は、10月に私が行ってきたことと、留学生活において大切だと思ったことについて書きたいと思います。

釜慶大学では、10月30日にインターナショナル・デイとハロウィンパーティーがありました。インターナショナル・デイでは、各国のブースが用意されており、そこでいろいろな国の食べ物や文化を体験することができます。私は、語学堂のメンバーと一緒に回り、オーストラリアやインドネシアの伝統料理を食べました。そして、10月に大好きなルームメイトの誕生日会を沖縄のメンバーと一緒に祝ったり釜山で一番大きな花火大会に参加したりしました!また、英語英文学科の先輩が、ご飯に誘ってくれて、日本・韓国・メキシコ・アイルランドのメンバーで遊びました。外国人留学生の中では、韓国語を全く話せない方がおり、共通語を英語にしてみんなでおしゃべりをしました。私は英語の聞き取りはある程度はできますが、話す能力が低下してしまい、質問をしたくても聞けずにもどかしかったのですが、隣りにいた韓国人のお姉さんが「頑張って喋ってみてごらん」と私に話す機会をくれたり、英語を一生懸命教えてくれたので楽しく会話することができました。その後、アイルランドの方と言語交換をすることになり、私のおかしな英語と翻訳機を片手に三時間、英語での会話の練習に付き合ってくれました。私は、一人で机に向かって単語や文法などを勉強するより、外に出で実際に友達と外国語で話したりしたほうが身につくスピードが早いタイプだと気づき、語学勉強は自分にあった勉強法をするのが大事だと改めて学びました。いつも私にたくさんのことを教えてくれる友達たちに感謝の気持ちでいっぱいです。

次は私が留学生活において大切だと感じたことについて書きたいと思います。海外留学ではなれない土地、なれない環境、そして今まで使ってきた日本語とは違う言語で生活します。そして、勉強のストレスや環境、文化の違いなどでたくさんのストレスを感じることもあると思います。そんなときに頼れる家族もいなければ、仲の良かった親友たちもいません。私は、韓国留学が好きで沖縄に戻りたくないぐらい幸せな生活をしていますが、沖縄の実家ほど安心できてぐっすり睡眠をとれる環境はありません。自分ではストレスを一切感じていないように思えても、いきなり故郷が恋しくなったり、一人でいるのが寂しくなったりすることがあると思います。留学生活は勉強ももちろん大事ですが、自身の体調や心の管理が一番大切です。そして、体調が悪かったり、心が疲れてしまったときに、助けを求められるような人の存在が重要です。体調を崩したときはしっかり休むこと、そしてストレスが溜まったら本を読んだり映画を見たり、友だちに会ったりしてストレスを発散することが大切だと思います。私は、韓国留学を経験して語学の向上のみならず、精神面でも強くなることができたと思います。残り僅かな留学生活ですが、体調管理をしっかりと行い、勉強も、友達作りも一生懸命頑張っていきたいと思います。