文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

[2019年5月]澳門大学(中国) 川満さん 総合文化学部英米言語文化学科

澳門大学(中国・澳門)
最後のマンスリー報告です

こんにちは、ついに私の留学生活が終わってしまいました。結果から言うと私の英語はあまり伸びませんでした。期待してくれていた方々すみません。しかし、マカオ留学は私にとてもたくさんの刺激を与えてくれました。実は私は最初アメリカへ留学に行きたかったのですが費用が高すぎるため親に反対されました。先生に相談すると澳門大学は英語を使って授業を行っているのでこちらでも英語留学ができることを教えてもらい、親に許可を得て、合格し、交換留学をすることができました。

澳門大学で話されている英語は私たちと同じく勉強段階の英語であり、自分や相手が間違えた文で伝えていることもあります。また、人によってはとてもなまりが強くて聞きにくいなど様々です。同じ学習者であるから何が言いたいのか予想することができるようになったり、授業内ではグループディスカッションが多いので伝える機会と聞く機会が多いので、常に頭を動かしてる状態でした。私の英語が伸びなかったのは元々文法をよく知らなく、ただ授業を受けていただけなので、自分で改めて文法を学ぶことをしなかったから伸びなかったと思います。日本人以外の友達と話す機会はたくさんあったのですが、私が元々もっている単語量、文法でしか話していなかったので作れる範囲での文章は簡単に口から出てくるのですが、深く話そうとすると詰まってしまいます。

しかし、こんな私の英語でもたくさんの友達ができ、たくさんの経験ができました。マカオにはマカオ人、中国人、フィリピン人、アフリカ人、ヨーロッパ人、マレーシア人などがいて、それぞれの文化に触れることが出来ます。一つの小さな地域でこんなにたくさんの文化に触れることができるなんてとても素晴らしいことだと思います。英語または中国語留学を希望する方はアメリカ、カナダ、台湾などを選択するのが言語習得するには良いと思いますが、言語だけでなく異文化理解を中心として留学するなら、私は澳門大学をとてもお勧めします。とにかく、澳門大学へ留学して良かったです!!5/28にマカオを出発して、台湾へ最後の旅行をし、6/2に沖縄へ帰ってきました。本当はあと一か月ビザが残っていたので滞在できたのですが、みんな夏休みに入りマカオからいなくなってしまい遊ぶ相手がいなくなるので、今となってはこれくらいの時期に帰ってきてよかったかなと思います。

たった九ヶ月間でしたがたくさんのことを学び、人として成長して沖縄に帰ってこられたなと実感しています。留学を実現させてくれた方々に感謝しています。ありがとうございました。私は四年生になったので次は卒論、就活に焦点をむけることにします。今までmonthly日記を見て参考にしていた方々、参考になったか分かりませんが少しでも役にたてていたら嬉しいです。とりあえず皆さんありがとうございました。