文字サイズ

マンスリー留学体験記バナー

最新ブログ一覧(デスクトップ版)

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2019年10月】バンクーバーアイランド大学(カナダ)中村さん 総合文化学部英米言語文化学科

バンクーバーアイランド大学(カナダ)
ナナイモに秋がやってきました

ナナイモからこんにちは。バンクーバアイランド大学(VIU)に留学中の中村です。ここでの生活も3ヶ月が経ちました。9月、10月は公休や、1セメスターの後半に入る前の数日間の休み、イベントなどが行われあっという間に過ぎて、ここに滞在して一番早く過ぎてしまったと強く実感した1ヶ月でした。10月は、9月から11月までのmiddle semesterの折り返しで、9月から10月中旬までの前半期はspeaking、listening、grammarの授業を行なっていました。そして11月までの後半期はreading、writing、grammarの授業をおこなっています。後半期の初日の授業でテストを受けて、私は一つ上のクラスに上がる事ができ、翌日からの授業からクラスを変更し、新しい先生、生徒との学校生活が始まりました。このクラスは以前いた私のクラスの雰囲気とは全く違っていて、中国人がクラスの大半を占め、私を含めた3人の日本人、韓国人、シリア人が在籍しています。また、以前とは比べものにならないほど量の宿題が毎日課され、週末の土、日はどちらか図書館で一日を過ごすなど、前半期より忙しいけれども、充実した生活を送れていると感じています。また、授業以外にも、同じ建物内にあるLearning Centerでの英会話のクラスや、教会で行われている英会話のクラスを知人の紹介によって参加させていただいたり、ボランティアで参加している日本語の授業のアシスタントを受けたり、今までやった事がない体験をしていてとても良い刺激になっています。

ホームステイの生活も随分と慣れました。そして、変わらず私にたくさんの良い機会を与えてくれます。先日、公休日であったThanksgivingには、ナナイモから車で南に2時間走らせると、“花の都”と呼ばれるヴィクトリアに連れて行ってもらいました。そこにホストマザーの家族が住んでいて、彼女の生まれた街だと聞きました。そして私達は、ホストファミリーのご家族の家を訪れて、Thanksgivingの食事を楽しみました。私は初めて丸々と大きな七面鳥を見て、その大きさに驚きました。そして会話を楽しみ、その晩はホストマザーのご両親の家に滞在させて頂き、カナダの素敵な家を見る事が出来ました。

また、10月末のHalloweenでは、ジャック・オ・ランタンを1人1つずつ作ったり、ダウンタウンに連れて行ってもらい、「トリックオアトリート」と行ってお菓子もらい歩き周りました。Halloween当日は、VIUのパブで行われたHalloweenパーティに友達と参加し、日本で体験する事がなかった事を経験する事が出来ました。毎日楽しく充実した生活を送る事が出来ているのはホストファミリーのおかげだと、心からとても感謝しています。私にできる事を見つけて、もっと親しくなれるよう私自身努力していきたいと強く思いました。日本では体験できない事を積極的に生活に取り入れて、有意義な留学生活を送る事ができるようもっと努めていきたいと思いました。