文字サイズ

マンスリー留学体験記バナー

最新ブログ一覧(デスクトップ版)

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2022年3月】嘉泉大学(韓国)金城さん 総合文化学部社会文化学科

嘉泉大学校(韓国)
『学校が始まりました!』

今回のマンスリー報告書は寮のコロナ対策と、語学堂について詳しく紹介します。
まず、寮のコロナ対策について紹介します。嘉泉大学校には、「学生生活館」と呼ばれる寮が3棟あります。外国人学生専用の第一学生生活館、韓国人学生専用の第二学生生活館、韓国人学生用に新しく建設された第三学生生活館に分けられています。現在、寮に住んでいる学生がコロナ陽性者になった場合、第一学生生活館の4、5階で隔離を行うことになっており、第一学生生活館のスタッフが陽性者の生活のサポートをしています。そのためか、第一学生生活館にコロナが蔓延してしまい、大パニックになりました。連日コロナに関する館内放送が流れ、体温を測り報告することが義務となっています。また、語学堂でもコロナ陽性者が増えてきており、検査キットを使っての簡易検査や、抗原検査を頻繁に行っています。今後はより一層気を引き締めて、コロナ感染予防対策の生活をしていきたいと思います。

次に、私の寮生活について紹介します。私は4人部屋に一人で住んでいましたが、新しい子が引っ越してきました。ブルネイから来たムスリムの子です。私の生活とは全く異なる生活スタイルで、最初は戸惑うことも多かったのですが、現在は生活の流れも整い、仲良く暮らしています。韓国に住みながら、他国の価値観や文化に出会い、カルチャーショックを受けることで、毎日新しい発見があります。

最後に、語学堂について紹介します。韓国は3月に新学期が始まるため、大学の始まりと共に語学堂も始まりました。語学堂は春・夏・秋・冬の4学期に分かれており、交換留学生は春・秋学期は必ず受講しないといけません。また、午前クラスと午後クラスに分かれており、午前クラスは9時~13時まで、午後クラスは14時~18時までです。今期は1級、2級、準3級、3級、4級、6級のクラスに分けられており、1クラス10~17名で構成されています。授業内容は、듣기(聞く)・읽기(読む)・쓰기(書く)・말하기(話す)・文法の学習に分けられています。今学期は、語学堂の授業は初週のみオンライン授業で、それ以降は対面で行われています。大学の学部の講義は、対面で行われている授業もありますが、外国人用の授業はほぼオンラインで行われています。語学堂は平日は毎日あり、授業のスピードも早く、課題も多いため、韓国語の学習に専念できます。来月は中間テストがあるので、良い結果を出せるよう、頑張りたいと思います!