文字サイズ

見出し

最新ブログ一覧

  • すべて
  • 東海大学(台湾)
  • 韓南大学校(韓国)
  • 嘉泉大学校(韓国)
  • 釜慶大学校(韓国)
  • 澳門大学(中国・澳門)
  • レンヌ第2大学(フランス)
  • レオン大学(スペイン)
  • 南ユタ大学(アメリカ)
  • バンクーバーアイランド大学(カナダ)

【2019年12月】バンクーバーアイランド大学(カナダ)中村さん 総合文化学部英米言語文化学科

バンクーバーアイランド大学(カナダ)
ナナイモで過ごしたクリスマス

こんにちは、バンクーバーアイランド大学に留学している英米言語学科2年の中村です。こちらに留学して4カ月が経ち、もうそろそろ折り返しに差しかかろうとしています。

今、約1ヶ月の冬休みでVIUの図書館やジムを利用してできるだけ充実した生活にしようと努めています。また、12月の1週目にここで知り合った日本人の友人と2泊3日でバンクーバーに訪れました。バンクーバーまでは、フェリーに2時間半ほど乗り、ダウンタウン行きの快速バスに1時間ほど乗ると着きます。私は、11月にシアトルを訪れる際使った手段だったのでスムーズに行くことができました。同じカナダでもとても都会で、多くの日本のお店やラーメン屋さんを見つけ、日本の気分も味わいつつ、バンクーバーを堪能しました。ナナイモと比べると、カナダプレイスや、ギャスタウンなど、見どころはたくさんありますが、ホームレスが多く、少し気をつけないといけないと気を張る部分がありました。聞いた話では、ある通りでは立ち入れない雰囲気の殺伐としていて危ないと言われているところもあるので、そこには立ち寄らず人通りが多い道を歩くようにし、とても日本との違いを感じましたが特に大きなトラブルもなく、楽しい旅行になりました。

12月になると大きなイベントであるクリスマスが近づくにつれて、街もいつもに増して賑わいを見せていました。ホストファミリーはクリスマスツリーの木であるモミの木は、ほぼ毎回本物の木を使うそうで、樹園に行き家族でノコギリを片手に、好みの木を探し回り、採るそうです。私は沖縄で家族と毎年クリスマスツリーを飾りますが毎年レプリカの木を使うのでとてもおもしろい体験ができました。また、クリスマスツリーの下にプレゼントをみんなの分を置くのですが、約30個近くの数のプレゼントをクリスマス当日の朝から開封して、全て開けるのにお昼前までかかったことにわたしは本当に驚きました。そのあとは友人とクリスマスのデコレーションが施されたスケート場でアイススケートを楽しみ、ホストファミリーとその友人とクリスマスディナーを楽しむという素敵なクリスマスを過ごすことができました。

1月13日から新学期が始まり、これからまた新しいクラス、先生、クラスメイトと勉強することがとても楽しみです。また、授業の時間帯も午後12時半からと午後の時間帯になり、生活のリズムもがらりと変わるので早く慣れ、とても充実した1日1日を過ごせるように努めていきたいと思います。